2018年07月25日

2018年【YSN 双星1/24フルファンクション ラジオコントロールカー ランボルギーニ ウラカンLP610-4】ゲーセン景品ラジコンの性能に迫る!一昔前の中華製とは大違い?!レア度★☆☆☆☆

.
このたびの豪雨被害により被災された皆様

に心よりお見舞い申し上げます…。m(_ _)m


全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは。

Yahoo!blogから引っ越して来ましたノスタル

ジックホビー “トイラジ ” 館長イオタ。です。

旧【ノスタルジックホビー】blogはこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan





今回は前回予告していた最新ラジコンカー

の内部構造に迫りたいと思います。対象は

車種的に気になっていたゲーセン景品の物

で、Y・S・Nのランボルギーニ ウラカンです。


DSC_0208


この手の物はゲーセンで取るとなると簡単

ではないと思いますが、今回はヤフオクで

最安値千円でした。※相場は三千円程です。

これ、発売元が大阪のY・S・Nで、製造元は

台湾のSHUANGXING TOYS (双星と書いて、

ダブルスターと読む)と言うメーカーです。


■双星 ダブルスター 公式サイト
http://www.shuangxingtoys.com/en/index.aspx


ここは本格的なトイラジを色々と製造して

いるようで、ゲーセン景品物は若干チープ

な作りかも知れません。最近はDAISO製の

アヴェンタドールtypeラジコン等、ランボ

のトイラジを集めていたので、最新鋭の車

であるウラカンも是非欲しかったのです…。


IMG_20180721_002657


ウラカンはガヤルドの後継車で、2014年に

販売されました。LP610-4の4は4WDの意味

で、V型10気筒DOHC、5204CC、最高速は

325km/h、0-100km/hは 3.2秒だそうです。


IMG_20180721_003148


今年の札幌モーターショーでも実物を見て

来ましたが、何とも言えない丸味を感じる

フォルムが気に入っています。アヴェンタ

ドールと比べると可愛らしい雰囲気ですね。


IMG_20180721_003237


で、そのラジコンカーですが、色は今回の

黄色のほか黒、白が有り、全長19.5cmで

1/24スケール、正規ライセンス商品らしく

外観は細かい所まで良く再現されています。


DSC_0196


特にDAISO製と異なるのはサイドミラーが

リアルな形状でソフトな素材で出来ていて、

壁にぶつかっても壊れにくくなっています。

ヘッドライトとテールランプは前後の動き

に合わせてLED点灯します。他にもマフラー

がメッキされていたり、ディスクブレーキ

が再現されていたりと中々凝ったボディー


DSC_0200


でした。また正規品らしく、エンブレムも

付いていました。日本の折り紙をヒントに

したと言うルーフの形状も再現されていて

外観的には言う事無しでした。リアタイヤ

がかなり太く、偏平ゴムタイヤもグリップ

が良さそうです。前輪にはサスペンション

が付いていて、軟らかく動いて良く効いて


DSC_0202


います。これでデフギア付なら機能的にも

文句ないですが、切れ角的に小回りも効き

そうです。車体電源は単3乾電池が3本で、

送信機には単3電池2本。このイエローと

ブラックは40Mhz、ホワイトは27Mhzです。


DSC_0181


早速、車体の電源を入れ、操作してみると

ボタン式の送信機は非常に操作しやすく、

車の反応もクイックで大変良かったです。

この辺はDAISOラジコンとは大違いです。

一昔前の中華製ラジコンは安っぽい作り

でしたが、このウラカンは質が高いです。


DSC_0209


リアモーターはトルク重視なのか低速域

の勢いが感じられ、最高速度は計測器で

8km/hでしたがスピード感が有りました。

※DAISOアヴェンタはデフォルト10km/h


DSC_0216


早速、内部を確認してみるとリアモーター

はノーマルのマブチ130角型モーターで、

ピニオンギアは8T、中間ギアが1枚有り、

グリスがタップリと充填されていました。


DSC_0237


リアギアBOXは4本のネジでシャーシ固定

されていて、これを緩めるとローダウンが

可能となります。また此処にバネを挟むと

リアサスになるでしょう。ステアリング側


DSC_0241


もDAISO物より作りが良く、ステアリング

用の130モーターがBOX構造となっていて、

その下に左右のタイヤを繋ぐステアリング

タイロッドやニュートラルバネが有ります。


DSC_0227


ニュートラル戻しバネは通常金属製の細い

バネですが、これはプラスチック製で戻り

方が正確な様でした。この辺も良いですね。


DSC_0230


トイラジにおいて重要なのがステアリング

構造で、左右とも均等にハンドルが切れる

のか、又ニュートラルにきちんと戻るのか

が問われますが、このウラカンはその点が

大変優秀でした。こういうラジコンカーは

操作して楽しいですね(*^_^*)ゲーセン景品

のラジコンカーも一昔前とは質が違います。


DSC_0242


DAISOのアヴェンタドール型ラジコン等と

並べて撮影してまると、ちょっとした外車

ディーラーの様です(*^_^*)黄色いウラカン

の車体が見映えしますね。ウラカンは今後

リアモーター交換や電池を増やして速度を

アップさせても良いですね。オークション

でまだ販売されてますので、改造用に1台

買い足しても良いかと思います。それでは

また何か面白いラジコンを発掘してみたい

と思いますので、お楽しみに…\(^o^)/由


DSC_0251


【YSN 双星 ランボルギーニ ウラカン spec】

正規ライセンス商品、ゲームプライズ景品

1/24、全長19.5cm、全幅8.5cm、全高5cm

リアタイヤ径 3cm、リアタイヤ幅 1.3cm

フロントタイヤ径2.5cm、前タイヤ幅1cm

車体電源 単3電池3本、送信機 単3二本

電池を含む車体重 284g、イエロー 40Mhz

前輪サス付、前後LED点灯、方向微調整付


DSC_0193


https://youtu.be/4YyqMEQcbXg 動作確認

https://youtu.be/YPSibF7Zsto 前輪サス可動

https://youtu.be/VqKDxJvpxPE 最高速計測

https://youtu.be/wWh7cV5jbGs 試験走行1

https://youtu.be/Qu1hXHIkJZw 試験走行2

https://youtu.be/z3966iJLSZU スライド走行

https://youtu.be/4AK7JYtt6Qs ガヤルド1

https://youtu.be/KCrPyHDDrp0 ガヤルド2





箱の形状は何種類かあり、
DSC_0179


この箱は中身の見えるタイプ
DSC_0180


ボディーは3色、周波数は2種類
DSC_0181


DSC_0182


ランボルギーニのライセンスシール付
DSC_0183


早速、箱から出してみる…
DSC_0187


押しやすい形状のボタン式送信機
DSC_0188


最新ランボルギーニ、ウラカン
IMG_20180721_002242


DSC_0203


IMG_20180721_002607


DSC_0205


IMG_20180721_002342


DSC_0204


スモールライトもペイントで再現
IMG_20180721_003035


DSC_0197


この部分はウインカーにもなる
IMG_20180721_003112


実車は二千万円以上のスーパーカー
IMG_20180721_002657


更に値段の高い特別仕様のウラカン
IMG_20180721_002757


ヤフオクでは千円~三千円くらい
DSC_0207


サイドミラーは柔らかく壊れにくい
DSC_0198


幅広でグリップ力の高いリアタイヤ
DSC_0201


フロントサスはバネがソフトで良く効く
DSC_0202


テールランプはクリア素材で赤く点灯
DSC_0200


リアビューも上手く再現されている
DSC_0199


シャーシ裏側の凹凸も良く出来ている
DSC_0189


ステアリング微調整トリム付
DSC_0190


グリップ力の高いタイヤのパターン
DSC_0191


単3アルカリ乾電池は全部で5本必要
DSC_0209


電池を含む車体重は284gとなる
DSC_0210


オンオフ式で操作しやすい送信機
DSC_0211


製造元は台湾のダブルスター社
DSC_0212


新品のアルカリ乾電池で最高速計測
DSC_0213


トルク重視なのか意外と遅かった
DSC_0216


早速、内部を確認してみる事に…
DSC_0223


一見、DAISOのトイラジと変わりないが、
DSC_0225


モーターは別として完成度は高い
DSC_0226


特にステアリング構造が素晴らしい
DSC_0227


ステアモーターがBOX構造となっていて、
DSC_0235


その下にタイロッドや戻しバネが有る
DSC_0232


プラスチック製の戻しバネは珍しい
DSC_0230


リアギアBOXのネジを緩めるとローダウン
DSC_0241


ピニオンギアは8Tでトルク重視タイプ
DSC_0240


中間ギアが1枚有り、グリスが多め…
DSC_0236


前後にLEDが仕込んである
DSC_0221


アンテナはルーフに貼り付けてある
DSC_0222


ルーフ形状は折り紙をヒントにしている
DSC_0264


DAISOアヴェンタドールらと並べてみる
DSC_0255


DSC_0257


ディスクブレーキが有るのはウラカンのみ
DSC_0261


地上高はウラカンが一番低い
DSC_0254


DSC_0256


DSC_0253


まるでランボルギーニのショールーム
DSC_0243


ガヤルド、アヴェンタドール、ウラカン
DSC_0242


DSC_0244


ウラカンはガヤルドの後継車である
DSC_0245


DSC_0248


DSC_0246


DSC_0249


ガヤルドは四駆でドリフト仕様
DSC_0262




srixon_zrw at 20:14コメント(0)Y・S・N | ゲームプライズ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ