2019年01月20日

1980年発売【マツシロ 1/11 ラジオトロン BMW M1 G-4】デジプロ走行は問題なし!肝心の電動リトラクタブルライトが不動…レア度★★★★☆

.
全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは。Yahoo!blogから引っ越して来ましたノスタルジックホビー “トイラジ館 “ 館長イオタ。です。

このblogでは私が収集している古い日本製のラジコンカーを色々とご紹介しています。なお、ノスタルジックホビーはblog上の名称で実在しません。

旧【ノスタルジックホビー】blogはこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan





🆕トイラジ専用 Instagram 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/


皆さん、こんばんは。こちら北海道もようやく冬らしい気候になって来ました。インフルが流行っているようなので注意しなくては。
さて、前回は箱の中身をチラッとお見せするのみだったマツシロ製 1/11scale『BMW M1 G-4』ですが、いよいよ今回は電池を入れて実際に操作してみる事に…!


DSC_2840


まずは車体本体と送信機を箱から取り出してみました。送信機の伸縮アンテナが欠品していたので手持ちの予備から適当に合う物を挿してみました。一応ネジのサイズは合いましたが少し短いかな?


DSC_2841


この送信機は前後左右デジプロ仕様で微調整トリムが付いています。そして、このトイラジの売りである『電動リトラクタブルライト』の作動スイッチが右上に付いています。赤い押しボタン式ですね。


DSC_2833


送信機の方には単3乾電池が6本、車体の方には単2乾電池が6本必要なのですが、手持ちの電池が単3ばかりなので、電池にカバーを被せて単2の大きさとしました。


DSC_2834


しかし昔は電池の長さが今より微妙に短かったようで、今の電池だときつくて収まりません。電池カバーを外して何とか車体に電池を詰め込みましたが、電極の一部に青錆が出ていて接触が悪いようです。


DSC_2835


こういう時は電極を研磨して錆を落とすのですが、簡易的にアルミホイルをちぎって挟んで電極の代わりとしてみました。これで一応車体側も通電したようです。送信機は問題なく電源ランプが点灯しています。


190118_194755_00061505


車体の底には後輪のギア切り替えスイッチが有り、まずはローギアで操作してみる事に…おぉ!動いた\(^o^)/ちょっとドキドキしましたが、スロットルの方は元気良く反応してくれました!ニュートラルがかなりズレていたので、これは後で車体内部で調整すべきですね。


IMG_0008_BURST0010001


そして少し経ってからステアリングの方も問題なく動き始めました。こちらもニュートラルが少しズレていますね。左右の操作に合わせて前後のウインカーも点滅してくれましたが、点滅は若干不確かな時も有りました。


IMG_0003_BURST0010002


スロットルレバーを後方に入れるとテールライトが点灯しました。これはバッチリ点くようですね。そして、肝心のリトラクタブルライトの操作ですが…ワクワクしながらプロポ右上の赤いボタンを押してみると…!


IMG_0003_BURST0010003


ん?あれ?!ライトが開かないぞ?!赤いボタンを強く押したり、長押ししたりしてみましたが、リトラクタブルライトはウンともスンとも言いませんでした…(^_^;)うーん、残念ながら此処は故障のようですね。


DSC_2850


たまにヘッドライトが点灯している時は有りましたが、何故かリトラは微動だにしませんでした。これは車体側と送信機側の内部確認をする必要がありますね。赤いボタンの接触不良、または車体内部の断線などが考えられます。


DSC_2860


走行に関しては大柄のトイラジにしてはキビキビと反応する方で、デジプロ操作を快適に楽しむ事が出来ました。送信機アンテナの問題なのか、操作可能な距離は少し短目でしたね。また、ハイギアにすると妙に後輪が跳ねてしまい (ノッキング?) 狭い場所では上手く走行出来ませんでした。


DSC_2852


狭い部屋の中だとローギアの方がトルクも有って良いですね。また、前後のサスペンションと後輪のデフギアも効果が有るようでした。ゴムタイヤも程好い柔らかさで良くグリップしています。リトラは故障してましたが、全体的な造りは大変良いと思います。


DSC_2849


マツシロと言う玩具メーカーはラジコンカーだと当時の日本車を色々と製造していて、例えばザ・ウインチというTOYOTAのランクルや、ウイリーするHONDAシティなんかが有名ですね。ちなみにBMW M1はもう少し小さいサイズのトイラジも発売されていたようです。


IMG_20190119_035339


この『ラジオトロン』と言うマツシロのラジコンカーブランドはその後バンダイに引き継がれたようですね。海外だとGAMAと呼ばれているようです。
次回は車体を分解し、リトラの故障を修理してみたいと思います。何とか上手く開閉してくれれば良いのですが…(^_^;) それでは次回もお楽しみに~今回も閲覧ありがとうございました!


DSC_2859


https://youtu.be/Z3vqc1iCg9Q 動作確認

https://youtu.be/9cakY6fffIw 試験走行 1

https://youtu.be/psxKLqK4CXU 試験走行 2

https://youtu.be/RgncEd3FGVY 試験走行 3





【マツシロ 1/11 BMW M1 G-4 スペック】

1980年頃発売、当時の定価は19,800円。

全長 40cm、全幅 18cm、全高 11cm。

タイヤ径5.5cm、前輪幅2cm、後輪幅2.8cm

車体重 1.4kg、前後左右デジプロ操作。

前後サスペンション付、後輪デフギア付。

電動リトラクタブルライト、ウインカー付。


DSC_2807




srixon_zrw at 23:11コメント(0)マツシロ | トイラジ修理 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ