2019年08月06日

1983年頃【チェリコ リモコンシリーズ ダットラ4WD オフロードスペシャル】以前ホビラジ化したリモコンカー…今回は完動品でした!レア度★★★☆☆

.
*Yahoo!blogは年内で閉鎖されますので、livedoor blogに全て移行致しました!旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/


*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ専用 Instagram 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/


全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!トイラジ大好き♪イオタ。です。こちら北海道もいまだに連日30℃近い真夏日でして、暑さのピークは過ぎたようですが遂にクーラーを購入しました!しかし予約が殺到していて取り付け工事が今月末だとか…それまでは扇風機で我慢です(^_^;)


DSC_6877


さて、暫く続いたリトラ開閉シリーズも一段落し、今回は以前ホビラジ化した『チェリコ』と言う玩具メーカーのリモコンカーを御紹介したいと思います。車種は『ダットサン トラック』通称ダットラの8代目で、いまだに人気のあるトラックです。*実車の製造は1979~1985年。


DSC_6873


このリモコンカーの発売年や当時の定価は不明ですが、発売は1980年代の中頃でしょうか?落札額はジャンク扱いで1,100円と安値でした。チェリコのリモコンカーは余り出品されませんが、意外と出来が良くて個人的には色々な車種を集めたいくらいです。*前回のTOYOTAハイラックスの他にもジープなど有るようです。


【チェリコ TOYOTA ハイラックス】記事
http://radicon.blog.jp/archives/15593174.html

DSC_6872


今回の物は箱付だったので何らかの資料になるかと思いましたが、発売年や値段の表記は有りませんでした。リモコンカーなのでそんなに高くはないと思いますが、機能的には前輪デフギア付だったり、プロペラシャフトによる四輪駆動だったりと下手なトイラジよりも良く出来ています。


【チェリコ ハイラックス ホビラジ化】記事
http://radicon.blog.jp/archives/16227177.html

DSC_6922


前回のチェリコ TOYOTA ハイラックスはそこを気に入り不動品をホビラジ化し、元々のローギアのトルクを生かしたクローラー的な走りを楽しむ事が出来ましたが、今回の物は果たして動いてくれるのでしょうか?


DSC_6874


箱蓋は所々破れていますが色あせてはいませんでした。中を開けてみると発泡スチロール製の箱ではないんですね。商品説明は箱の側面に有ります。使用電池はリモコンなので送信機側に単2乾電池が2本必要です。*ハイラックスは単2が3本でした。


DSC_6878


電極のサビは無く通電はするのですが、このリモコンカーは主に送信機側から伸びているコードの接触が悪く、それが主な不動の要因のようです。これも接触が悪いらしく、コードの位置を変えたりして上手く通電させました。


DSC_6891


リモコンなので送信機にも車体内部にも基板は無く、前後のモーターに合計8本のリード線が繋がっているだけなのですが、何処が接触不良となっているか分かりにくいのです。で、一応 前後には動いてくれましたがステアリングの反応が悪いようです。


DSC_6884


とりあえず今回も内部の確認です…シャーシや内部メカはハイラックスと共通でした。リアモーターは丸型260サイズで、ステアリング操作には平形130サイズが使用されています。これも130モーターのピニオンギヤが弛んで空回りしていたので8Tギアを交換しました。


DSC_6918


それでステアリングも動くようになりましたが、電圧が弱いのか接触が悪いのか反応が悪いようです。ニュートラル戻しバネも細すぎてステアリングの戻りが弱いですね。この辺はホビラジ化してやりたくなりますが、一応完動品と言う事で、前回ホビラジ化したハイラックスと見比べてみました。


DSC_6929


前回のハイラックスはルーフ上のフォグランプがスロットル動作で点灯しましたが、このダットラには点灯機能は有りませんでした。しかしダットラの方はフロントガラスがクリア素材で運転席のハンドルやシートも再現されています。*ハイラックスはガラスが黒い素材で内部は再現されていません。


DSC_6926


あとダットラの方は後方のキャンピング シェルが取り外し可能となっていてピックアップにもなります。これはどちらが先に発売されたのでしょうね。使用電池数はダットラが単2乾電池2本でハイラックスは3本ですが、ダットラの方が先なのかな?


DSC_6936


ボディ自体は破損無しでステッカーの破れも無いですが、フロントバンパーが一部破損していて、ルーフ上のフォグランプも片方のレンズカバーが無くなっていました。この辺は足りない部品を作る必要が有るので修理は割愛します。


DSC_6889


今回のダットラもヘッドライトがクリア素材なので、LEDを仕込めば丸目の四灯がカッコ良く光る事でしょう。前回ホビラジ化したハイラックスは3ch操作でヘッドライトをオンオフさせ、その走りも楽しめました。今回のダットラは一先ず動いたので清掃だけにしときましょう。


DSC_6883


基本的にはリモコンカーなので小さな子供向けの玩具でしょうが、ボディの作りや機能性は大人も興味が持てるような良く出来た物だと思います。また青いボディの発色が良く、派手なステッカーとマッチしていますね。他の車種も有れば入手したい所です。それでは次回もお楽しみに…今回も閲覧ありがとうございました(*´ω`*)


DSC_6880


【チェリコ リモコンカーダットラ4WD】

発売年と当時定価は不明、落札額1,100円

全長25cm 全幅12cm 全高11.5cm 重469g

前輪デフギア付、後部シェル取り外し可能

送信機電源 単2乾電池2本、香港製造品


https://youtu.be/KfBhY9XUJBA 動作確認

https://youtu.be/hGW2i2MarjA 内部構造

https://youtu.be/yO-MBAfKs-Y 試験走行


【チェリコ ハイラックス ホビラジ化】

https://youtu.be/PYglKELWjSk 障害物走行

https://youtu.be/oSsSX4qrlr0 直線全速力!

https://youtu.be/oh4cJcd1JeI スピンターン


DSC_6923


【1970~80年代 トイラジ 大集合】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLqLK6WklkXc1LioYBZJ6zmZVGpTIOT8Zr


◆1983年 (昭和58年) 邦画ランキング◆

1位 南極物語
2位 探偵物語
3位 汚れた英雄
4位 男はつらいよ 花も嵐も
5位 刑事物語2 りんごの詩
6位 ウィーン物語 ジェミニ YとS
7位 プロ野球を10倍楽しく見る方法
8位 幻魔大戦
9位 楢山節考
10位 伊賀野カバ丸


◆1983年 洋楽ヒット曲ランキング♪

カーマは気まぐれ カルチャークラブ
ロンリーハート イエス
今夜はビートイット マイケルジャクソン
スリラー マイケルジャクソン
ビリージーン マイケルジャクソン

ガールズ ジャスト ワナ ハヴ ファン シンディローパー
フラッシュダンス アイリーンキャラ
セパレイトウェイズ ジャーニー

リラックス フランキーゴーズトゥハリウッド
見つめていたい ポリス
ロックバルーンは99 ネーナ


8代目ダットラは1983年に丸目から四角灯に
IMG_20190807_010131

*ネット引用画像

IMG_20190807_012419


DSC_6881


DSC_6882


DSC_6887


DSC_6890


DSC_6912


DSC_6920


DSC_6921


DSC_6924


DSC_6933


DSC_6879




srixon_zrw at 23:44コメント(0)チェリコ | 完動品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ