2021年02月28日

1999年【勁文社(ケイブンシャ) ラジ-カン大百科】タイのTAIYOトイラジコレクターさんに贈るラジカンのお宝本を発掘!レア度★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は1999年発売の【勁文社(ケイブンシャ) ラジ-カン大百科】を取り上げます。


【 TAIYO ラジ-カン倶楽部 TVCM 】



今回もTwitterで知り合ったタイのラジカンコレクター関連の話題です。数日前にタイの方から『ラジ-カン大百科』と言う本を知らないか?との連絡が…その本はMルカリで既に売り切れていたらしく、TAIYOのラジカンに関する当時の情報が色々と載っているようでした。


IMG_20210228_022508


Yフオクでも調べてみましたが全く見当たらず、ネット検索してみると…なんと、あの『まんだらけ』に在庫が有りました!ラジカン大百科は1999年発売の子供向けの単行本らしく、当時はその勁文社などからホビーラジコンに関する本が色々と出版されていたようです。


IMG_20210228_030253


しかしトイラジに関する解説本は珍しく、他にもNIKKO等のトイラジ本をまんだらけで見つけたので注文しましたが、そちらはまた後程ご紹介したいと思います。このラジカン大百科はラジカンが発売開始された翌年の1999年8月25日に初版が発行され、定価は税抜で860円でした。


IMG_20210228_051310


まんだらけでは新品同様のラジカン大百科が660円で販売されていて、それに送料などが加算され倍以上の値段になりましたが、こんなお宝本が送料を含めて千円台で買えるなら安いもんです。これもタイの方へ贈るので外装を外して丁重に扱いながら内容の確認へ…。


IMG_20210228_051733


ラジカン大百科の大きさは縦18cm、横13cm、厚みが1.5cm、全160ページで中々重みが有りました。分厚いのでページが開きにくく、新品同様の本に開き癖を付けても悪いので撮影しにくかったです。この頃はまだ頭文字Dシリーズが発売されておらず、ラインナップは少な目…。


IMG_20210228_051538


第1章『ラジ-カン ワールド』では初期のラインナップ(旧ミニクーパー、パジェロ、NEWビートル等)の紹介で、中には激レアの限定品クリスタル仕様(クリアボディーのビートルとパジェロ)や海外版の車種も掲載されていました。流石にタイの方もクリスタル仕様は初めて見たようです。


IMG_20210228_051618


第2章『チューニング大全』はラジカンの改造に関して色々と解説してありました。当時はラジカンによるレース大会が開催されていたようで、レースで勝つ為に元々単3二本~直列3Vの乾電池を増やす電圧UPも推奨されていたのには驚きでした。


DSC_1756


車体の電圧UPにも段階があり、まずは単4乾電池を三本直列に繋ぐ方法から…シャーシの電池BOXをカッター等で削り、電極も自作せよとの事!更に単5乾電池を横向きに四本並べて直列6Vとする改造も…この辺までは基板改造無しでも大丈夫なようでした。


-845ewe


その他にもミニ四駆のようにシャーシに穴を開けての肉抜きも紹介されていました。当時のラジカンレースに参戦していたのは小学生のような子供が多かったようですが、20年くらい前にレース参戦されていた方がいらっしゃったら是非コメントでも戴きたい所です。


xw2vv3


第3章『ラジ-カン最速への道』にはレースに勝てるラジカンの操作テクニックが色々と掲載されていました。例えばコーナーリングではインベタやアウトインアウト、なるべく速度を落とさず小回りするにはパルス打ち(前進を連打しながら曲がる)を取得せよ等々…。


vvkvfk


主な内容はそんな所でしたが、1999年当時のラジカンのレース大会の様子などは私も初めて見ましたし、素人には難しそうな電圧UP改造をメーカー側(TAIYO)が推奨している点など今では考えられない事が多く、子供向けの内容とは言え非常に興味深かったです。


-r0zjrw


私も当時はライト点灯無しのラジカン(確か赤いS2000)にLEDを組み込んだり、リアモーターをミニ四駆のトルクチューンやハイパーダッシュに換装したり、後輪をスポンジタイヤにしたりとラジカンで色々な改造を楽しんだ記憶が甦りました…(*^^*)


1eic1t


その頃はラジカン倶楽部という1/32scaleのラジカンでは末期のシリーズを何台か買い集めていましたが、どれも手元には残っておらず、今また懐かしさで入手している所です。このTAIYOの代表作であるラジカンの愛好者が海外にもいらっしゃるのは素晴らしい事ですね。それではまた…(^o^)/


wkqul9



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




ラジカンは正式には ラジ-カン と書く
IMG_20210228_053318


初期の基板は結構な電圧に耐えられた
IMG_20210228_053619


大会は電圧UP、ミニ四駆モーターOK?
IMG_20210228_054745


市販されていたラジカン専用コース
DSC_1774


オプションに頼るか、電圧UPか?!
-gaggba


実車のような操縦テクニックの数々…
apgx05


他、パルス打ちはトイラジの基本技!
-fa72jg


ミニクーパーの前輪はマイクロモータ
DSC_1775


その後は前輪に電磁石が採用された…
DSC_1776


頭文字Dシリーズはまだ発売前だった
DSC_1778


優勝賞品はホバークラフトだろうか…
IMG_20210228_060340


激レア必至のスケルトン仕様の二台!
DSC_1739


こちらも今や幻?の海外版ラジカン…
DSC_1740


当時の参加者も今では30代半ばくらい
IMG_20210228_061105


Radi-canの海外の販売元はTycoと言う
DSC_1732






srixon_zrw at 08:25コメント(4)カタログ | Radi-Can 

コメント一覧

1. Posted by よこちぃ   2021年03月01日 16:34
こんにちは。

こんな本までチェックされているとは凄いですね。
こう言う子供向けの本は結構あなどれないですよね。
当時としては珍しくもない商品も時間が経つと見かけなくなってしまうのでこういうカタログのような本はとても役に立ちますよね。
僕も以前チョロQを集めていた頃にチョロQ1000という装丁が絵本のような本を買いました。
2. Posted by イオタ。   2021年03月01日 23:46
よこちぃ様>いつもコメントありがとうございます!私もこんな本があるとは思いませんでした。タイの方の嗅覚には毎度脱帽です…(笑)ラジカンでレースが開催されていたのも今回初めて知りまして、それに勝つには通常の倍に車体の電圧をUPしても大丈夫な基板を元から設定していたTAIYOに懐の深さを感じました…(笑)そのチョロQの本も今やお宝かも知れませんね。
3. Posted by Pakawat   2021年03月02日 00:07
こんばんは!その本を受け取ってくれて、とてもうれしいです。私はこの本に書かれていることを記憶しています。この本でその記憶を他の人にはっきりと伝えることができます。したがって、それは非常に価値があります。
太陽は将来、速度のために電流が増加することを予見していたようであり、したがって増加した電流をサポートする回路基板を作成します。大人の大会があるといいですね。


*Twitterに頂いた御本人のコメントを転載させて頂きました。ありがとうございました。
4. Posted by イオタ。   2021年03月02日 00:15
Pakawat様>>この度は貴重なラジカンの本を紹介して頂き、ありがとうございました。この本は子供向けではありますが、ラジカンの電圧UPの記事ではそこまで乾電池を増やしても基板は大丈夫なんだと驚く事もありました。
旧ラジカンの基板は強いミニ四駆モーターを回せる事は聞いた事がありますが、目から鱗でした。当時こんなレースが有ったのを知っていたら参加してみたかったですね。*年齢制限があったようですが…(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ