2017年10月26日

1982年【シンセイ ラジオエレコン1/20ホンダシティターボ】当時TV-CMが大流行した人気のカッ飛びトールボーイ!レア度★★★☆☆

.
全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!

Yahoo!blogから引っ越して来ましたノスタル

ジックホビー “トイラジ ” 館長イオタ。です。

旧【ノスタルジックホビー】blogはこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan





今回は1981年に実車のTV-CMが大流行

した「HONDA シティ」のご紹介です。

…今から36年前と言うと僕は小学生で、

学校でシティのTV-CMのムカデダンス

が流行りました♪その動画はこちら↓

【HONDA シティ TV-CM 1981年】
https://youtu.be/VAYd2AK53P8

シティの実車はトールボーイと呼ばれ、

コンパクトな3ドアハッチバック+車高

の高い居住性が人気の的となった様です。


Honda_City_Turbo_front-left_2015_Honda_Collection_Hall


以前のYahoo!blogでもシティのラジコンを

取り上げましたがあれは玩具的な物でした。

【マツシロ ダンシングウィリーシティターボ】
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan/64021412.html

今回のラジコンはシンセイと言うメーカー

の「ラジオ エレコン」シリーズで金属製

ボディのラジコンが人気のブランドです。

このシティは金属製ではなく1/20 scale

で全長19cmとコンパクトなサイズです。


DSC_5596


車体の電源は単3乾電池が6本でオンオフ

式操作で前後左右(停止付)に動きます。

ジャンク品と言う事で千円程で入手して

いますが、電池を入れてみると動き出し

ました。しかし前後の動きが不安定です。


【シンセイ ホンダシティターボ】走行1
https://youtu.be/C8A6z1H6Wfg

https://youtu.be/dwncqeE7prc

DSC_5618


中身を開けてみると基盤には可変抵抗が

有り、それで前後の調整が出来ましたが

それでも前後進の操作は不安定でした。

ステアリングは電磁式でしたがMini-Zの

基盤を繋ぐとデジプロ操作が可能です。

しかしステアリングも切れ角が少なく、

操作が不安定で上手く曲がれません…。


DSC_5620


リアモーターは丸型260サイズで金属製

の 8T ピニオンギアが付いていました。

金属製ピニオンはホビラジ化に向いて

いそうでモーターサイズも良いですね。

デフギア無しの中空タイヤは滑りそう

なのでホビラジ化するとスピンターン

が出来そうでした。中も清掃してから

ボディーを載せて再び走らせてみると、

最初よりスムーズに動くものの左右の

操舵が不確かでした。これはこのまま

の状態にしておくか Mini-Z基盤に交換

してデジプロ改造するか迷う所ですね。


【シンセイ ホンダシティターボ】走行2
https://youtu.be/wqcT_Si6HXM

https://youtu.be/erUsxFkNpMs

DSC_5592


ちなみに赤とグレーの車体も有り、それ

はシティR(タイプ)という商品の様です。

Rとターボの違いは車体色とステッカー

とホイールの色くらいで形状は同じです。


DSC_5617


車体電源を入れるとヘッドライトが点灯

し、光りっぱなしとなります。改造する

場合、前輪にサスペンションを組み込め

そうでした。それとステアリング部品の

一部をカットし 切れ角をUPさせました。

それでも電磁式だと深くは曲がれません。


DSC_5619


全体的に可愛らしいコンパクトスタイル

ですが、このブラックターボはバンパー

も格好良くて精悍な顔付きをしています。

海外版シティターボの愛称はブルドッグ

だそうで、そんな雰囲気が有りますね…。


DSC_5615


シンセイのシティ自体が少し珍しいかと

思いますが 黒ターボは更に稀少なのかも

知れません。ちなみにこれはニッコーが

商品化のライセンス許可を取ってまして

ステアリング構造からして製造元はその

ニッコーなのかも知れません。それでは

また何か面白い車を見つけたらこちらで

紹介したいと思いますので お楽しみに!


DSC_5636


【シンセイエレコン1/20ホンダシティターボ】

1982年頃発売 シンセイエレコンシリーズ

全長19cm 全幅9.5cm 全高8.5cm 車重306g

前後タイヤ径 3cm、タイヤ幅 1.3cm、40Mhz

車体電源 単3乾電池6本、送信機電源 9V1本

電池を含む車体重量444g、ヘッドライト点灯

電磁式ステアリング、前後左右オンオフ操作


■その後、京商Mini-Z基盤を載せてみました。

前回のカート車体からMini-Z基盤を移植…
DSC_5663


元の基盤を取り去り、Mini-Z基盤と交換…
DSC_5664


ヘッドライトも最新のLEDに変更…
DSC_5665


とりあえずシャーシのみで試験走行…!
DSC_5667


【シンセイ シティ+Mini-Z基盤】動作試験
https://youtu.be/nB8XgnlL2mk

【シンセイ シティ+Mini-Z基盤】試験走行
https://youtu.be/c_tXRfDKmbY

…このあとボディーを載せてみます…!





当時流行したムカデダンスのイラスト付
DSC_5590


先行発売のRタイプは赤とグレーの2色
DSC_5592


DSC_5591


DSC_5593


DSC_5594


DSC_5595


車体の傷やステッカーの剥がれは少ない
DSC_5597


オンオフ操作の送信機電源は9Vが1本
DSC_5598


大きなフロントバンパー付
DSC_5607


テールライトは省略されている
DSC_5606


恐らく余りディフォルメされていない
DSC_5601


変速スイッチレバー等は付いていない
DSC_5602


ステアリング微調整トリムも無し
DSC_5603


車体電源は単3乾電池が6本も必要
DSC_5604


現代のアルカリ乾電池も問題なさそう
DSC_5605


DSC_5608


DSC_5610


DSC_5612


電源を入れるとヘッドライトが点灯する
DSC_5617


ヘッドライトは常時点灯となる
DSC_5615


早速、内部もチェックしてみた…
DSC_5618


DSC_5623


基盤には可変抵抗が1つ付いていた
DSC_5622


可変抵抗はリアモーター用の物だった
DSC_5620


リアモーターに配線が三本…?
DSC_5621


リアモーターは丸型の260サイズ
DSC_5628


ピニオンギアが金属製だった
DSC_5629


金属製のピニオンギアは8Tだった
DSC_5631


中間ギアが1枚付いていた
DSC_5630


ステアリングはどんな構造なのか…
DSC_5619


一部を切除して切れ角をUPさせた
DSC_5627


ステアリングは電磁式だった…
DSC_5624


ニュートラル戻しバネが付いていた
DSC_5625


前輪にサスペンションを組み込めそう
DSC_5626


今後はMini-Z基盤でデジプロ化?!
DSC_5633


DSC_5636


海外版ターボの愛称はブルドッグ
Honda_City_Turbo_front-left_2015_Honda_Collection_Hall


Honda_City_Turbo_rear-left_2015_Honda_Collection_Hall









srixon_zrw at 21:28コメント(0)シンセイ | トイラジ修理 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ