2018年02月10日

1985年【NIKKO 1/14フレームバギーブラックフォックス(赤)】問題なく動き出した人気の本格派バギー!その1~当時定価 9,950円!レア度★★★☆☆

.
全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!

Yahoo!blogから引っ越して来ましたノスタル

ジックホビー “トイラジ ” 館長イオタ。です。

旧【ノスタルジックホビー】blogはこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan





今回は連休と言う事で色違いの2台のバギー

をご紹介したいと思います。車種は1985年

に発売されたニッコーの人気商品、1/14sc

フレームバギーシリーズの「ブラックFOX」

です。今回は運良く1000円くらいで落札♪


DSC_6812


元箱はボロボロに破れていましたが車体は

綺麗で電池BOXの錆も無し。電池を入れて

みると問題なく動き出しました!車体電源

は単3が8本と多目で恐らく2本が受信用。


DSC_6836


送信機は9Vが1本で前後左右オンオフ式、

前進のみ2段階のターボ付でした。この頃

のニッコー製には良くあるターボ仕様です。


DSC_6815


前後サスペンション付でどちらかと言うと

リアサスの方が軟らかいです。これはバネ

を交換すればもう少しサスが効く様になり

そうですが、フロントサス周りはネジ留め

ではなくハトメ式の固定が多いのでバネを

抜くのが難しいかも?昔のトイラジのサス

はバネが硬い物が多く余り効きませんよね。


DSC_6818


ちなみにゴムタイヤは前後とも中空で後輪

はフカフカしていてこれだけでクッション

が効いています。例えば屋外でジャンプ台

を使って遊ぶならこのくらい硬めのサスで

良いのかも知れません。後輪はデフギアが

装備されていて手で片方のタイヤを回すと

滑らかに逆回転します。この辺りの作りは

1/10scの本格派「バイソンF-10」何かと比べ

ても遜色なさそうです…。全長30cmで重量

は電池込みで約1.1kg!単3が8本で162g

なので車体のみでも1kg弱は有りそうです。


DSC_6819


実際に走らせてみると狭い室内では切れ角

が少ないのと、ステアリングが走行中のみ

操舵可能という仕様の為ちょっと操作しに

くいです。しかし直進性は高くジャンプ台

への進入が楽でした。ターボ状態で飛んで

みると車体の重みで高さは出ませんが着地

の安定感は高いですね。この辺はホビラジ


DSC_6826


メカに載せ換えると更に豪快なジャンプを

楽しめそうでした♪駆動は後輪のみの2WD

ですが、この頃のトイラジ系4WDバギーは

四駆のシステムが未熟で2WDより遅かった

ですね。前にYahoo!blogで紹介した4WDの

スーパーFOXも同じ1/14でしたが、速度は

遅くてトルクが全く感じられませんでした。


【ニッコー1/14スーパーフォックス4WD】
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan/63955885.html

https://youtu.be/jiC5WgnfSZo
【スーパーFOX 4WD~ハイギア走行動画】


スーパーFOXで当時9,980円だった様なので

ブラックFOXはもう少し安かったのかな?

ちなみにリアモーターはどちらもRS-360型

なので速いモーターに交換出来そうです♪


DSC_6834


ミニ四駆のスピードチェッカーでは最高速

が19km/hと少し物足りない結果でしたが、

いずれホビラジ化して屋外で楽しみたいと

思います。次回は色違いのもう1台を紹介

したいと思いますのでお楽しみに…(^o^)/


【ミニ四駆スピードチェッカー計測】
https://youtu.be/nU9CWPxkRk8

【ニッコー1/14ブラックFOX 動作確認】
https://youtu.be/MyC_atUQAxc

【ニッコー1/14ブラックFOX 試験走行】
https://youtu.be/um122-loEhA

【ニッコー1/14ブラックFOX 直線走行】
https://youtu.be/K2V7gcFNhEQ

【ニッコー1/14ブラックFOX ジャンプ】
https://youtu.be/5urUQQqd8NM

【ニッコー1/14ブラックFOX ジャンプ】
https://youtu.be/yhLwoRZfxTI





DSC_6813


【ニッコー 1/14 ブラックフォックス】


全長30cm 全幅18cm 全高13cm 27Mhz

車体電源 単3八本を含む総重量 1.1kg

リアタイヤ径7cm 幅3.8cm 中空タイヤ

前後左右停止オンオフ式 前進ターボ付

ステアリングは前後操作中のみ操舵可

ハイロー2ギア切換付 後輪デフギア付

前後サスペンション付 後輪駆動 2WD


元箱の汚れは少ないが破れが多い
DSC_6797


先に入手したのはこの赤い車体
DSC_6798


黒い車体の方も安く入手出来た
DSC_6799


1/10と変わりない高い機能性…
DSC_6804


2×2のターボ仕様が流行った時代
DSC_6801


NIKKOニコニカ単3充電池推奨
DSC_6802


赤と黒では後輪パターンが異なる
DSC_6803


1985年発売、made in Japan!
DSC_6805


赤は27Mhzなので黒は40と思いきや…
DSC_6806


車体はそんなに汚れていなかった
DSC_6807


ステッカーの剥がれもない美品
DSC_6808


ターボ付のオンオフ式送信機
DSC_6815


切れ角は少な目となっている
DSC_6817


フロントサスは硬めだった…
DSC_6818


リアサスは前後にストロークする
DSC_6824


リアタイヤはグリップの良いパターン
DSC_6821


後輪は特にクッション性が高い
DSC_6819


バイソン似で無駄なエアロが無い
DSC_6814


フロントサスはバネを交換したい所
DSC_6825


重厚感のあるシッカリしたシャーシ
DSC_6833


錆も無く綺麗な電池BOX
DSC_6836


ステアリング微調整トリム付
DSC_6835


リアモーターはRS360サイズ
DSC_6834


1985年 made in Japanの刻印あり
DSC_6838


電源スイッチの位置も本格的
DSC_6839


反対側には充電プラグも…
DSC_6840


電源は単3乾電池が8本必要
DSC_6841


フロントサス周りはネジが少ない
DSC_6832


リアサスの方がバネは軟らかい
DSC_6831


タイヤにブリヂストンの刻印
DSC_6845


電池を含めると1,1kgにもなった
DSC_6843


最高速度は19km/h止まり…
DSC_6844


一応、中身も確認してみた…
DSC_6826


ステアリングシステムは後程確認…
DSC_6827


リアモーターはRS360サイズ
DSC_6828


裏返しの基盤に可変抵抗が見える
DSC_6829


トランジスタはヒートシンク付
DSC_6830


今後はホビラジ化を予定している…
DSC_6816


雪ミク~さっぽろ雪まつり
20180205-OHT1I50151-T




srixon_zrw at 21:14コメント(0)NIKKO | 完動品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ