タイ

2021年08月29日

1978年【マスダヤ ラジコン 1/16 フォルクスワーゲン 1303S (銀/緑) 】タイの友人の誕生日に日本のラジコン界のお宝をプレゼント♪(*≧∀≦*) レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は1978年発売の【マスダヤ ラジコン 1/16 フォルクスワーゲン 1303S 銀/緑】を取り上げます。


【Radi-Can】カテゴリーを作成しました。
http://radicon.blog.jp/archives/cat_404071.html?ref=sp_article_footer_category


【マスダヤ ハンドル&レバー式 ビートル】

*こちらは私が撮影した動画ではありません。


今回はタイの友人の誕生日にプレゼントするラジコンカーを2台ご紹介したいと思います。実は以前こちらで同じ物を一度取り上げてまして、その時タイの友人がこのビートルを気に入ったようなのでプレゼントする事になりました。


x7kefj


このラジコンと言う名称はマスダヤの登録商標でして、他のメーカーはセミデラコンやラデオレーサー等ラジコンを表す言葉を考える必要がありました。しかし、そのお陰でメーカー別にラジコンカーの個性が生まれました。


-xskjmw


今回は元々グリーンボディーのビートルをプレゼントする予定でしたが、これは後進が出来ない仕様でした。このマスダヤのビートルには3chと4chがあり、シルバーボディーの方は4chで後進も可能でした。ちなみに停止はどちらも可能です。


igy9ij


私はこの2色の他に赤いビートルも所有していますが、それは後進不可でした。送信機の形状もハンドル+レバー(スロットル)式とスティック式があり、4chにはイエローボディーも存在(かなりのレアカラー)するようです。


yw5qk4


このマスダヤのビートルは1978年に発売され、3chは定価7,700円、4chは9,800円だったようです。当時の1万円は今の幾らくらいでしょうね?どちらも最初は不動でしたが、何度か操作しているうちに後輪が回り出しました。


jya9e1


ステアリングはお馴染みの電磁ブレーキ式で片方の前輪に軽くブレーキがかかるとフリーな状態の前輪がそちらに曲がる仕組みです。サスペンションは無いですが、リアギアBOXはシーソーしました。


-wc6ckk


縦溝が入ったゴムタイヤはどちらも綺麗でグリップしました。何故かタイヤは台形で接地面が少ないです。後輪は強い負荷がかかると空回りする仕組みで、そのせいか40年も前のピニオンギヤは割れていませんでした。


IMG_20210818_200052


銀ビートルの方はボディーが塗装されていたり、リアウインカーが点滅するデラックス版で、そのウインカーも問題なく点灯しました。点滅の仕組みはリアモーターにカムが連動していて、その動きにより点灯がオンオフします。


【マスダヤ 4ch 銀ビートル】内部構造



全長はバンパーを含めて25cmで車体電源は単2が二本と角形が一本。銀、緑ともにAM40Mhzで送信機にも角形が一本でした。電極の錆びは無く問題なく通電、古いラジコンなので電池は新品に近くないと上手く動きませんでした。


hsztrc


車体内部の基板にはリレーが有り、スロットル操作をするとカチカチ動きます。可変抵抗は有りませんでした。今から40年以上も前のラジコンが今でも問題なく走るなんて素晴らしいですね…友人の誕生日プレゼントに相応しい日本のお宝だと思います。


DSC_0144


これでタイに贈る第三便の内容物は全て掲載し終えました。タイまでは船便で約1ヶ月かかるので今月末に発送すれば丁度バースデープレゼントとなる筈です。タイの友人はビートルのエンジン音が気に入ったそうです(*^^*)それでは次回もお楽しみに!


-3hq45v



【マスダヤ 3ch 緑ビートル】内部構造



【マスダヤ 4ch 銀ビートル】内部構造



【マスダヤ 4ch 銀ビートル】速度計測



【マスダヤ 3ch 緑ビートル】蛇行走行



【マスダヤ 4ch 銀ビートル】走行(BGM無)



【マスダヤ 4ch 銀ビートル】走行(BGM付)




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




【マスダヤ 公式ホームページ ラジコン】
https://www.masudaya.com/radicon/

【マスダヤ ラジコン 赤ビートル】
http://radicon.blog.jp/archives/19376963.html

【マスダヤ ラジコン 緑/銀ビートル】
http://radicon.blog.jp/archives/27033410.html



黄色は今まで見た事が無い激レアカラー
IMG_20210818_200151


右下の9800が1978年当時の定価を表す
944w0v


マスダヤのラジコン一覧表*ネット引用
IMG_20210825_112527


銀の方は社外ステッカーが貼られていた
IMG_20210818_195953


緑の方は全体的に未使用に近い美品だった
IMG_20210805_192559


車体電源は軽量化の為に単3を流用した
IMG_20210829_123128


銀の方の電源スイッチの接触不良を修理
IMG_20210829_122856


曲がると電極が通電しウインカーが点滅
IMG_20210829_123035


ピニオンギヤが割れていない事に驚いた
IMG_20210829_123054


折れ易いワイパーも共に綺麗に残っていた
t0rxld


銀の方はリアエンジンダクトも黒く塗装
lm5fae


銀の方の送信機のアンテナはかなり長い
xgb7if


銀の方は速度選択スイッチが省略された
DSC_0118


謎の台形タイヤ…しかも前後で傾きが逆
IMG_20210829_130406


最高速は6km/hだが十分なスピードである
DSC_0071


日本の名作ラジコンがタイとの架け橋に…
DSC_0139





srixon_zrw at 13:18コメント(4) 

2021年08月02日

2000年頃【マルカ AULDEY 1/28 TOYOTA ランドクルーザープラド/LEXUS IS300】レアなAULDEYの国内販売品を入手!こちらもタイに発送予定(*^^*)レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2000年発売の【マルカ AULDEY 1/28scale TOYOTA ランドクルーザープラド/LEXUS IS300】を取り上げます。


【Radi-Can】カテゴリーを作成しました。
http://radicon.blog.jp/archives/cat_404071.html?ref=sp_article_footer_category


【ランドクルーザープラド90 新機能紹介】



東京オリンピック盛り上がってますね。さて今回はタイの友人に発送するAULDEYの国内販売品の御紹介です。こちらの国内販売元のマルカはプルバックミニカー、ドライブタウンで有名な玩具メーカーです。http://www.maruka.jp/


f0ycv6


発売年はハッキリしませんが実車の二代目プラドと初代LEXUS ISが販売された2000年頃でしょうか。パッケージは以前タイから送られてきたAULDEYと全く同じで、収納の仕方など中々凝った作りになっています。


【AULDEY RACE-TIN 1/28 240Z/SUPRA】
http://radicon.blog.jp/archives/26926956.html

7dt3ve


プラドの方は2台入手してまして、どちらも送料込みの中古品が三千円くらいでした。タイの友人には状態が良い方を送ろうと思ったのですが、片方はフロントバンパーが折れていて、片方は後輪のタイヤが変形していました。


IMG_20210802_023005


ゴムタイヤは経年劣化で硬化していて形を整えようとすると割れて崩れる程でした。と言う訳で後輪をデフギアごと交換する事に。機能的には前輪にバネサス付、後輪はデフの他にシーソーもします。


IMG_20210802_023112


車体全長はバンパーや予備タイヤを含むと18cmくらいで電源は単3三本、ホイラー&トリガー式のAM27Mhz送信機には角形一本でした。片方のプラドの車体電極に少し錆が有りましたが、ヤスリで削って問題なく通電しました。


IMG_20210802_024413


ステアリングはTAIYOラジカンのような電磁石式で、リアギアBOXはシャーシの裏側から開封出来ます。リアモーターは平形130サイズで8Tピニオンギヤの割れは無さそうでした。デフギアの作りも悪くないですね。


-r9g4vv


リアモーターに注油し最高速を計測してみるとMax10km/hは出るのですが、どの車体もゴムタイヤが劣化していてツルツルなのでフローリングではスピン多発でまともに走りませんでした…(^_^;)


-r4pev3


LEXUSと比較してみるとタイヤのパターンや太さの違いの他、ホイールベースが僅かにLEXUSの方が長いようです。タイヤは以前のSUPRAと交換可能ですが此処まで硬化するのは珍しいですね。*タイヤからオイルが滲み出ていた…


-suq84y


このシリーズではF1マシンも入手していますので今後取り上げたいと思います。次回はまたまたTAIYOラジカンの予定ですが激レアなインプレッサを色々と入手しましたのでお楽しみに…(*^^*)(^o^)/


t7bt1q



【マルカ AULDEY プラド】速度計測



【マルカ AULDEY プラド】試験走行①



【マルカ AULDEY プラド】試験走行②



【マルカ AULDEY LEXUS IS】試験走行



【マルカ AULDEY A80 SUPRA】試験走行




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




プラド/LEXUS ISのWikipediaより抜粋
IMG_20210802_003040


販売元はドライブタウンが人気のマルカ
tj5hfs


透明な部分は軟らかく押すと凹む素材
-82p73m


パッケージの上方から中身を引き出す…
mcv6sw


車体はネジ固定、送信機は嵌め込み式
-au0iu8


プラドは私も欲しかったので2台入手…
8mb5z7


パームランナー似の操作し易い送信機
ihzvte


此処まで酷いゴムタイヤの劣化は珍しい
IMG_20210802_023220


こちらはLEXUS ISなのか…若しくは、
-q4xmtl


アルテッツァなのか…車種の明記は無し
82ub99


全長18cm、ホイールベース9.5cm、27Mhz
-1kyg2x


全長17cm、ホイールベース10cm、40Mhz
-ptxeki





srixon_zrw at 20:56コメント(4) 

2021年07月05日

2008年【AULDEY RACE-TIN 1/16 三菱ランサーエボリューションX】タイからの贈り物part2はエンジン音付ランエボX!日本からのトイラジ第2便もタイに到着!レア度★☆★☆★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016

💰️https://paypal.me/pools/c/8AwHL63Ahr


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2008年発売の【AULDEY 1/16scale 三菱ランサーエボリューションX】を取り上げます。


【Radi-Can】カテゴリーを作成しました。
http://radicon.blog.jp/archives/cat_404071.html?ref=sp_article_footer_category


【三菱 ランサーエボリューションX PV】



今回はタイの友人から贈られたトイラジ交流品よりAULDEYと言う中華メーカーの三菱ランエボXをご紹介します。こちらも日本では未発売ですが、今から13年も前の商品なので今やタイでも希少品だそうです。


o5nyok


こちらはエンジン音付の珍しいトイラジと言う事で以前からタイの友人にリクエストしていましたが中々入手出来ないらしく、今回は壊れた中古品を安く入手し、それを態々あちらで修理して送ってくれたのです。


IMG_20210705_035335


タイでの定価が1350バーツなので日本円で4700円くらいとAULDEYにしては高価です。更に未使用品だとプレミア価格が付いて6000円くらいするそうですが、今回は中古のジャンク品が2000円くらいだったようです。


IMG_20210705_035244


車体の全長は25.5cmで実測1/18scaleくらい…この黄色いボディーの他に赤い車体もあるようです。車体には細かい擦り傷が有り、左右のドアミラーが折れていました。*折れたミラーは片方のみ同梱されていました。


IMG_20210705_040113


ボディーはリアル志向で前後ライトUP付、前後サスペンション付、後輪デフギア付、前進ターボ付で機能的には申し分無し。これだけ多機能で大柄な割にはかなり軽量ですね。


-c1lk2a


と言うのも大柄な割には車体電源は単3四本と少な目で、オンオフ操作のAM27Mhz送信機には単3ニ本でした。送信機は前進ターボ付のスティック型で、電源onで派手に赤く光ります。


-qwwdci


あちらで購入した時はエンジン音が不調だったそうですが、その辺はタイの友人が修理してくれました(*^^*) と言う訳で特に問題なく走行が出来、操作に応じてエンジン音やらスキール音?が鳴ってくれました。停止中はアイドリング音も鳴ります。


wtfx05


速度計測ではノーマル前進時が12km/h、ターボ時が15km/hでした…適度な加速が良いですね。切れ角が少ないからかデフギア付の割に小回りが効きませんでしたが、ソフトなサスや中空タイヤの質も良く足回りは完璧でした。


p5dm3x


それでは一応、内部の確認へ…面白い事にシャーシを前後で分離出来、後部だけ外す事も出来ました。モーターはステアリング用が平型230くらい、リアモーターは平型130くらい?(^_^;)


IMG_20210705_035137


リアギアBOXが分解しにくいので大きさがハッキリしませんが、リアモーターの方が小さいトイラジは初めて見ました。基板のトランジスターも小さい物ばかりで速度に関しては余り期待出来ない作りだと思いました。*スピーカーはボディー前方に設置。


IMG_20210705_041528


このトイラジはエンジン音が売りで足回りは良いが走り的には大人しい…と言う感じなので、エンジン音を消すスイッチでも取り付けようかと思いましたが止めました(^_^;) この前のドリフト車にエンジン音が付いたらなぁ…それでは次回もお楽しみに!


e8tg1l



【AULDEY 1/16 ランエボX】動作確認♪



【AULDEY 1/16 ランエボX】試験走行①



【AULDEY 1/16 ランエボX】試験走行②




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




リアスポイラーはゴム素材で出来ていた…
DSC_0001


ドアミラーもゴム素材の方が良いのでは?
IMG_20210705_044252


シャーシ後部のみ取り外せるのが面白い…
-xn39l9


リアギアBOXが外れ易いので簡単に修理…
r8qa4k


希少で豪華なトイラジをありがとう!(*^^*)
k9b2uj



タイへの第2便も無事到着~お土産は浴衣
IMG_20210705_034951


ラジカンのディスプレーとジュラシック物
IMG_20210705_034920


北海道からサムイ島へは船便で1ヶ月くらい
IMG_20210705_050520





srixon_zrw at 21:10コメント(4) 

2021年06月16日

2009年【AULDEY RACE-TIN ドリフトシリーズ 1/24 ランサーエボリューションⅢ】タイから届いたトイラジ第二弾は迫力の四駆ドリフト車!!レア度★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2009年発売の【AULDEY RACE-TIN ドリフトシリーズ 1/24 ランサーエボリューションⅢ】他を取り上げます。


【WRC Gr.A ランエボⅢ 三菱販促ビデオ】



こちら北海道もようやく夏らしい気温になりつつありますが、まだクーラーを付ける程ではないですね。そんな涼しい北海道に常夏の国タイからの贈り物が再び届きました!今回タイからは航空便で一週間程で到着…日本では未発売の珍しいトイラジやお土産がギッシリと詰まっています。


【前回タイから届いたAULDEYのトイラジ】
http://radicon.blog.jp/archives/26926956.html


pvfhpu


こちらからは荷物が多くなってしまい、1ヶ月かかる船便でラジカンのショーケースやジュラシックパークのパジェロ、浴衣などをタイに贈りました。こちらからも航空便で送る予定でしたが合計6kgだと送料が8500円にもなるので今回も時間のかかる船便となってしまいました。


-mb422y


と言う訳で一足先にタイの友人から届いたAULDEYと言う中国製のトイラジを開封です!前回も京商ミニッツのようなAULDEY製のトイラジを送って戴きましたが、AULDEYはタイでは人気のトイラジですが日本では中々入手する事は出来ません。


r145c9


今回届いたAULDEY RACE-TINは2009年に発売された二台のドリフトシリーズがメインで、オンオフ操作ですが本格的な四駆ドリフトが可能です。他にはエンジン音が鳴る貴重なAULDEYのランエボXも同梱されていましたが、そちらは次回ご紹介したいと思います。


6ll9tt


このAULDEYドリフトシリーズは12年前の商品で、今ではタイでも珍しい物らしく一台*2600円くらいするそうです。*タイでは安くはない値段です。希望した車種は黄色いランエボⅢと頭文字D風の赤いAE86トレノで、86の方は更にレアなようです。


IMG_20210614_043320


まずは黄色いランエボⅢの方を開封する事に…車体やホイラー式のAM送信機は箱にワイヤー固定されています。他には伸縮式の送信機アンテナやグリップ走行用のラジアルタイヤが付属していました。AULDEY主催のレース大会のチラシなんかも封入されています。


-g2a5rt


このランエボⅢは全長19cmで記載の1/24scaleより少し大きめ。TAKARA TOMYのドリパケライトのFD(白い車体)が全長16cmなので一回り大きく迫力が有ります。ボディーはリアルな雰囲気でドアミラーも折れない程度に上手く再現されています。


IMG_20210614_043415


機能的にはドライブシャフトによる四輪駆動で、前輪にソフトなサスペンション付、ライト点灯はしませんがヘッドライトやテールランプはクリアパーツになっていてLEDを仕込み易い構造となっています。*自作マフラーも凹みが有って取り付け易い。


-hlquzu


AM27Mhzのホイラートリガー送信機には単3二本、車体電源は単3四本なのですが、京商ミニッツのように嵌め込み式のボディーを外し、シャーシの左右に二本ずつ電池を取り付けます。電池ホルダーもミニッツに似ています。*車体アンテナはビニールチューブ付。


IMG_20210616_224924


こちらは未使用品と言う事ですが問題なく走行が可能でした。元々付いているドリフト用の硬質スリックタイヤと、付け替えのグリップ走行用の軟質ラジアルタイヤは共に高品質でドリフトは良く滑りますし、グリップ具合も素晴らしい物でした。


-9l8sah


しかし前輪がグリップし過ぎるのかステアリングの動きが弱いのか余り曲がれない時もあったり…元々切れ角は少な目なのですが、操舵力が少し弱い気がします。と言う事で中身を拝見…私ちょっと入りま~す(笑)


DSC_3271


これ、電源の配置は京商ミニッツ風、内部メカはTAKARA TOMYドリパケライト風といった感じで如何にも中華製らしい『イイトコ取り』なんですよ…(笑)前方のステアリングモーターと後方のスロットルモーターは何れも平形130タイプです。


IMG_20210616_230215


前輪にはソフトなバネサス付ですが、ドリパケライトの方はサス無しでした。リアモーターのピニオンギアは大きめの16Tくらいでシャフトドライブによる四輪駆動。デフギアは無いですがドリパケライトやミニッツよりも大きめで迫力が感じられます。*後輪スパーギアにヒビ割れ有…接着補強済。


IMG_20210616_230402


狭い部屋だと若干もて余し気味ですが、トイラジはこれくらい大きい方が迫力があって楽しいですね♪直進性能や加速感も素晴らしく、暫し時を忘れてドリフトやグリップ走行を堪能しました…(*^^*)最高速は前進15km/h、後進10km/hで急ブレーキをかけてもギアに負担が少ないようです。


tnrhx1


連続して30分くらい遊びましたが、モーターや電池の発熱は殆ど無く、基板の前進用トランジスターが少し熱を持ったくらいでしょうか?2600円でこれだけ楽しめれば文句無しですね♪もう一台の86トレノの方も後で走らせてみようと思います…こちらはリトラが開いているのでLEDを仕込みたい所。


DSC_3258


2008年発売のエンジン音付きAULDEYランエボXはこのドリフトシリーズより希少で高価なのですが、タイの友人が故障していた物を安く入手し、わざわざ修理して送ってくれました。パカさんは本当に親切な方でいつも感謝しています。今後とも楽しいトイラジ交換会を宜しくお願いします(^o^)/


DSC_3260



【AULDEY 1/24 ランエボⅢ】シャーシ走行



【AULDEY 1/24 ランエボⅢ】スピード計測



【AULDEY 1/24 ランエボⅢ】ドリフト走行



【AULDEY 1/24 ランエボⅢ】グリップ走行




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




1995年に活躍したランエボⅢ~YouTube
IMG_20210617_012750


今回届いたトイラジは計3台(ドリフト2台)
-mb422y


エンジン音付ランエボXにも期待が高まる…
IMG_20210617_011426


ドリフトシリーズはランエボⅣを含め3車種
IMG_20210617_061428


シャーシは前後ハメ込み式で簡単に外れる
IMG_20210617_011456


前方は特にLEDを装着しやすくなっている
IMG_20210617_011344


後輪ギアが脆弱なのでパワーUPは控える
IMG_20210617_011249


TAKARA TOMYドリパケライトとの比較…
IMG_20210617_015457


前方のワッシャーは車重バランス用の錘
IMG_20210617_015802


当時のチラシ…別売のパワーUPパーツも有
IMG_20210617_020433


交換タイヤの固定用テープも付属…その他、
DSC_3242


別売でターボ付?のリレー基板も有った…
DSC_3241


タイの土産は珍しい菓子やカップ麺の他、
-5l96be


昔ながらの伝統的な影絵人形や小物類、
-3pqojy


タイらしいシャツやパンツまで盛り沢山♪
2kmtkk





srixon_zrw at 20:09コメント(4) 

2021年04月14日

2005年【AULDEY RACE-TIN 1/28 NISSAN フェアレディ240Z】タイからの贈り物~part1は日産の名車240Z!他、A80スープラのAULDEYも入手!レア度★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2005年発売の【 AULDEY RACE-TIN 1/28 NISSAN フェアレディ240Z 】他を取り上げます。


【 AULDEY RACE-TIN 最新シリーズ PV 】



今回は約一ヶ月の船旅を経てタイから到着したAULDEYと言う中華製のトイラジをご紹介します。Twitterで知り合ったタイの友人は、この度3台のAULDEYを贈ってくれました。私から送ったラジカンも無事タイに届いたようです。


IMG_20210410_191225


その記念すべきトイラジ交換の第一段はAULDEY (オールディ) と言う香港の玩具メーカーのRACE-TIN (RADI-CANのもじり?) という商品です。こちらは箱書きによると2005年の発売でタイ限定販売のようです。*日本円で1台1600円くらい。


yj8ooh


未使用品との事ですが変わった作りのパッケージ (10.5×16.5×高さ23cm) 内部には多少の汚れが見られます。車体の動作はタイの友人が現地で確認済みで問題なく走行するようです。*パッケージ上部に持ち運び用の取っ手 (収納可能) 付。


IMG_20210414_022548


このパッケージの透明な部分は柔らかい素材で押すとベコッと凹み頑丈ではありません。横のダイヤルを回すと上の蓋が外れ、蓋に繋がっている台座を取り出せます。車体と台座は4個のプラネジで固定されていて、手で回すと簡単に外れます。


IMG_20210414_023104


まるで京商パームランナーのような形の送信機も台座に上手く固定されていて簡単に外せました。伸縮性の送信機アンテナは御丁寧にビニールに包まれていたお陰で錆は無し。パッケージに関しては各部の取り外しが容易で良く考えられています。*車体アンテナを引っ掻ける部位も有。


IMG_20210414_030955


今回の車体は特に表記は無いのですが Datsun 240Zを模した物で、色合いもそこまで奇抜ではなく形状は悪くないと思います。車体全長は16.5cmで実測1/25scaleでした。TAIYOのラジカンよりは少し大きめですかね。


DSC_3780


こちらの周波数はAM35Mhzで他は27、40、49Mhzの全4種。オンオフ操作の送信機はホイール+トリガー式で操作性は良さそうです。車体電源は単3四本で、車体の方はまるで京商Mini-Zのような構造です。*送信機は単3二本。


IMG_20210411_020033


機能的には前輪にソフトなバネのサスペンション付、後輪のサスペンションはミニッツのようなTバー型でシーソーもします。中間ギア無しのデフギアと8Tピニオンギヤもミニッツ風で、ラジアルタイヤもグリップが良さそうです。


IMG_20210411_020339


ボディーとシャーシの固定方法もミニッツに似ていて、シャーシ裏前方のツマミを回すと簡単に分離出来ました。多くのトイラジの場合、台座から車体を外すのにもネジ回しが必要ですが、ネジ留めは一切不要なのが便利ですね。


IMG_20210411_020610


シャーシ内部には前後に平形130モーターが使用されていますが、全体的に軽量でその辺も京商ミニッツの様な雰囲気です。Mini-Zのトイラジ版だったパームランナーは確かデフギアが無かったので、それより性能が良さそうですね。


DSC_3787


箱にはライトアップと表記されていて、ヘッドライトはクリアパーツ (何故か赤い色…笑) でしたがLEDは見当たりませんでした。しかし簡単な改造でLEDが仕込めそうです。*後から聞くと箱は別の車種の物との事。


DSC_3786


一通り清掃し、電池を入れて走行させてみると…それは最早トイラジの走りではありませんでした!その素早いクイックな走行も京商ミニッツに迫る勢い!?走行音も非常に静かで正直、面食らいました…(^_^;) *最高速は12km/h!!!


DSC_3805


ボディーの車高の高さと、トリムで微調整しても左右どちらかにブレる直進性能が少し気になりますが、この値段でこの性能は日本では有り得ないでしょう。AULDEYは日本では中々入手出来ない代物ですが、ここまで高性能だとは思いませんでした。



DSC_3564


さて、もう1台のAULDEYは日本のフリマサイトでたまたま発見した物で、大きさは先程の240Zと同じでしたが性能的にはかなり劣る物でした。車種はA80スープラを模した物で、派手な柄のカラーリングでした。


IMG_20210414_032532


箱はなく、240Zと同じくパームランナー似の送信機と全長16.5cmの車体のみで送料込み1200円でした。日本ではAULDEYで検索してもトイラジは見当たらず、出品物の画像を見て判断するしかありません。


DSC_3482


機能的には前輪サスペンション付、後輪はシーソーのみでデフギアは240Zほど滑らかな動きではなく走行音も五月蝿い物でした。車体電源は単3三本で、送信機は角形9V一本です。こちらは電池カバーがネジ留めされていました。


IMG_20210414_032646


ラジアルタイヤは最初は滑りまくりでしたが洗浄するとグリップ力が増しました。こちらのステアリングはラジカン同様の電磁石式です。後輪のギア構造は中間ギアが1枚あり、リアモーターは平形130サイズでした。後輪シャフトは六角形のようです。


IMG_20210414_032844


リアモーターの8Tピニオンギヤは割れていませんでしたが、手持ちのカーボン製に交換してみました…特に走行に変化は無かったですが、機能的には充実していて殆どイジリようが無いのです。*LEDの追加くらい。


DSC_3568


ただ、240Zの方と比べてしまうと走行性能は歴然で、タイの方に聞くとスープラの方は初期のAULDEYなんだそうです。この初期の物はタイでも希少らしく、出来れば譲って欲しいと言われた程です…(笑)


DSC_3569


今回は新旧のAULDEYを比較してみましたが、方やラジカンに毛が生えたような物、方やミニッツに迫る物と、こんなにも性能が異なるもんなんですね。次回はRACE-TINの残りの二台を紹介したいと思いますのでお楽しみに!


DSC_3755



【AULDEY RACE-TIN 240Z】Max12km/h‼️



【AULDEY RACE-TIN 240Z】シャーシ走行



【AULDEY RACE-TIN 240Z】ボディ付 走行




【AULDEY RACE-TIN SUPRA】走行①BGM無



【AULDEY RACE-TIN SUPRA】走行②BGM付




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




240Z、A80スープラ~Wikipediaより引用
IMG_20210414_042204


240Zの他、SILVIAやR34も有るようだ…
IMG_20210414_032424


次回はこちらの車種をご紹介…F-1とR32風
IMG_20210401_212233


IMG_20210414_130235


今回はこちらの三台のトイラジの他にも…
DSC_3303


タイのカップ麺や菓子、着物なども戴いた
DSC_3302


タイに送ったのは希少なラジカンと大百科
IMG_20210409_015036


ラジカンのボディは割れていなかった模様
IMG_20210409_011815


早速、分解して操作の不具合を直していた
IMG_20210409_012335


他にも日本のカップ麺など色々な物を発送
IMG_20210414_044439

これで合計3kg、船便だとタイまで2,500円




srixon_zrw at 20:24コメント(4) 

2021年03月14日

2002年頃【TAIYO ラジ-カン 1/26 SUZUKI ラパン】ラジカン送信機の接触不良を簡単修理♪他、ラジカンの類似品Rapidも入手!レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2002年頃の【TAIYO ラジカン SUZUKI ラパン】他を取り上げます。


【 SUZUKI アルト ラパン TV-CM集 】



今回も最近ハマっているTAIYOのラジカンを取り上げます!このラジカンが流行ったのは今から20年くらい前ですが、5年前から始めた私のblogでは全く取り上げていませんでした。しかし改めてラジカンで遊んでみるとその魅力に引き込まれますね。


DSC_2283


今回の車種はSUZUKIのアルト ラパンで、実車の初代ラパンは2002年に販売されました。このラジカンはディーラーでラパンの新車購入特典として配布された物で市販されていない分、値が付くようです。今回はMルカリで送料込2700円でしたが、かなりお得でした。


IMG_20210314_000413


車体カラーは40Mhzのラベンダーメタリックの他にレッドとレイクブルー (いずれも27Mhz) が有りますが、ラベンダー色を多く見掛けますね。特徴はヘッドライト点灯くらいですが、ラジカンは基本的に点灯しない車が多いです。


IMG_20210312_203340


今回は開封済の中古品でヘッドライトのクリアパーツが日焼けしたのか片方が特に黄ばんでいました。しかしボディーやゴムタイヤは比較的綺麗な状態で、溝有りのラジアルタイヤは劣化が少なくグリップは良さそうでした。


DSC_2291


早速、窮屈な電池BOXに単3を二本詰め込み操作してみると…反応が悪かったリアモーターは暫くすると全開に!しかし左折が反応しません。これは送信機側の接触不良らしく、左折を押しても赤いランプが点きませんでした。


IMG_20210314_001156


タイのコレクターさんによると送信機の接触不良は良く有るらしく、その対処法を教えて貰いました。送信機内部にはスナップスイッチという小型のスイッチが4つ有り、それを押す事で前後左右に操作が出来る仕組みです。


IMG_20210314_001704


その対処法とは…まず接触不良のスイッチにオイルスプレーをぶっかけます!その後はスイッチが接点回復するまで何度も押します!これだけでスイッチの接触不良は直りました♪流石にかけるオイルは少量にしましたが簡単に直るもんなんですね。


DSC_2331


同じく送信機の接触不良により走行不可だったカルソニックR34GT-Rも同様に直し、問題なく操作可能となりました。タイの方は電子工学科を出ているそうで、この手の修理はお手の物らしいです。本当に助かりました(*^^*)


IMG_20210314_004708


ラジカンの後輪ギアBOXは簡単に外れるのですが、ラパンとR34 GT-RだとリアギアBOXの形状が異なるんですね。内部のギア自体は同型ですが、ホイール間の距離も僅かに異なり交換不可でした。ホイールベースはGT-Rよりラパンの方が長いのも意外でしたね。


IMG_20210314_004111


ちなみにラパンは全長13cmで実測1/26scale、カルソニックR34 GT-Rは全長15cmで実測1/30scaleでした。ラジカンは基本的に1/32scale前後でリアギアBOX以外のシャーシは共通ですが、scaleは車種によって異なるようです。


IMG_20210314_005931



さて、後半はラジカンの類似品の紹介です。商品名は、Rapid Car (ラピッド カー) と言う物でラジカンと同じような規格で容器に車体が収納出来ます。ラジカンとの違いは容器や送信機が四角く、送信機にはturboボタンが有りました。


DSC_2162


車種はラジカンと被るのはホンダS2000とこのインプレッサでしょうか?他にはスープラのような車やらベンツやAudi…?とにかくカラーリングが妙に派手で、色々なステッカーが適当に貼ってありました…(笑)


IMG_20210313_195919


実際に操作してみると通常の前進ボタンの方がturboボタンより僅かに速く、最高速度はラジカンより1~2km/h速いくらいでした。スリックタイヤは程好くグリップしますが、左右の旋回半径の差が大きく走行性能はラジカンより劣りますね。


DSC_2191


ボディー形状は初代インプレッサその物で、青く塗り替えてやると見映えしそうです。ただ私はペイント経験が無いので、せいぜい筆塗りで上手く出来るかどうかですね。ラジカンに関しては『総合改造キット』なる物も入手したので早速、後輪ギアを交換してみたいと思います。次回もお楽しみに!


IMG_20210314_013245



【TAIYO ラジカン SUZUKI ラパン】



【カルソニック R34 GT-R】グリップ走行



【カルソニック R34 GT-R】ドリフト走行



【Rapid Car SUBARU インプレッサ】




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




【TAIYO ラジカン Wikipedia】
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%B3



*SUZUKIラパン~Wikipediaより引用
IMG_20210314_123503


当時、新車の購入特典だったラジカン
IMG_20210312_203159


ラジカンのファンクラブ…作りたいね
IMG_20210312_203405


ギアBOXの高さを調整→後輪が均等に接地
IMG_20210314_052522

🚨これによりラジカンの直進性能がUP!

上からラパン、Rapidインプ、R34の内部
IMG_20210314_053241


RapidもAULDEYのようなラジカンのcopy
IMG_20210314_053532


こんな風に塗り替えられたら良いのに…
IMG_20210308_232945


走行中はラジカンの方が速く見える?!
IMG_20210314_054103





srixon_zrw at 12:26コメント(4) 

2021年03月07日

1998年頃【TAIYO ラジ-カン ディスプレイ専用モデル&ショーケース】非売品の激レアな店舗展示用ラジカンと専用ショーケースを入手!!レア度★★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は1998年頃の【TAIYO ラジカン 店頭ディスプレイ専用モデル&ショーケース】を取り上げます。


【 TAIYO ラジ-カン 店頭ディスプレイ 】



今回もまたまたTwitterで知り合ったタイのラジカン コレクターさんに教えて貰った激レア商品です。今回はMルカリで送料込で四千円でしたが、北海道までの送料を差し引いたら賞味2500円くらいでしょうか?希少な非売品にしては安い買い物でした。


IMG_20210306_225255


このラジカン店頭ディスプレイはとある倉庫に長期保管されていたそうです。アクリル板のショーケースにはちょっとした汚れは有りますが特に割れ等の破損は無く、7台の展示用ラジカンはとても綺麗な状態でした。


DSC_1994


厚さ2mm弱のアクリル板によるショーケースの寸法は縦23cm、横39.5cm、高さ22cmで、内部は二段になっていて後部の白いアクリル板が上下にスライド開閉し、そこからラジカンを出し入れ可能になっています。板同士は接着してあり分解は出来ません。


IMG_20210306_225854


ショーケースのみで1.4kgで意外と頑丈な感じでした。ラジカン7台と送信機1個を含むと2kgにもなります。ショーケースにはRadi-CanやTAIYOのステッカーが貼ってあり、余り汚れていない所を見ると実際には殆ど店頭に置かれなかった物なのかも知れません。


IMG_20210306_230522


付属の展示用ラジカンは「カルソニック、ペンズオイルのR34 GT-R」と「頭文字DのAE86トレノ(藤原とうふ店シール付)」、「三菱パジェロ」、「ミニクーパー(赤モンテカルロラリー、緑一般仕様車)」、「NEWビートル(イエロー)」の7台で、ビートルの車体を確認してみると…


DSC_1980


電源スイッチ、電池BOX内の電極、リアモーター、リアギア、基板などのメカ類は一切無いようでした。ステアリングは左右に動きますが中身は空っぽでしょう。*ボディーとシャーシが癒着していて外れず内部は確認していません。


IMG_20210306_231021


他には丸形のラジカン送信機(アンテナ無し)が一個付いていて、これも内部は確認していませんが中身はメカ無しだと思います。ショーケース内には丸い送信機を固定する部位が有りますが、少し位置が悪いようで下段の三台は窮屈です。


IMG_20210306_231528


ラジカンが販売開始された1998年当時にはこのようなショーケースが全国の玩具店に展示されていたのでしょう。こちらの展示用の車体(モック)はオークションで見掛けましたが、ラジカン専用ショーケースは中々入手出来ないと思います。


IMG_20210306_231654


これもタイのコレクターさんに発送予定ですが、肝心の貴重なショーケースが割れてしまうのを危惧して完璧な梱包方法が見つかるまでは私が保管する事になりました。アクリル板自体は結構頑丈そうですが、海外発送となると心配ですよね。


DSC_2002


と言う訳で最近はタイの方に感化されて私もすっかりラジカンの魅力に取り憑かれていますが、初期モデルの走行可能なミニクーパーやパジェロは是非とも入手してみたい所です。*この二台は前輪がモーター式で他は電磁石式。それでは次回もお楽しみに!


DSC_1998



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




【TAIYO ラジカン Wikipedia】
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%B3



下段の配置を変更してみました…
DSC_2038


こちらの方が良さそうですね…(*^^*)
DSC_2039


パジェロもいつかは入手してみたい…
IMG_20210307_014955


本来は前輪にマイクロモーター搭載
IMG_20210307_015014


ライトが閉まっている初期の86トレノ
IMG_20210307_014922


カルソニックの方は故障車を格安入手
IMG_20210307_014830


初期の旧ミニクーパーも欲しいところ
IMG_20210307_014848




ビートルRSIのイエローを格安入手!
IMG_20210307_001043


こちらは未開封のままにしようかと…
IMG_20210307_001109


カルソニックGT-Rも格安入手したが…
IMG_20210307_001015


送信機が接触不良で要修理でした…
IMG_20210307_001031






srixon_zrw at 10:01コメント(4) 

2021年02月28日

1999年【勁文社(ケイブンシャ) ラジ-カン大百科】タイのTAIYOトイラジコレクターさんに贈るラジカンのお宝本を発掘!レア度★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

🆕 https://twitter.com/ToyRadi_Kan2016


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は1999年発売の【勁文社(ケイブンシャ) ラジ-カン大百科】を取り上げます。


【 TAIYO ラジ-カン倶楽部 TVCM 】



今回もTwitterで知り合ったタイのラジカンコレクター関連の話題です。数日前にタイの方から『ラジ-カン大百科』と言う本を知らないか?との連絡が…その本はMルカリで既に売り切れていたらしく、TAIYOのラジカンに関する当時の情報が色々と載っているようでした。


IMG_20210228_022508


Yフオクでも調べてみましたが全く見当たらず、ネット検索してみると…なんと、あの『まんだらけ』に在庫が有りました!ラジカン大百科は1999年発売の子供向けの単行本らしく、当時はその勁文社などからホビーラジコンに関する本が色々と出版されていたようです。


IMG_20210228_030253


しかしトイラジに関する解説本は珍しく、他にもNIKKO等のトイラジ本をまんだらけで見つけたので注文しましたが、そちらはまた後程ご紹介したいと思います。このラジカン大百科はラジカンが発売開始された翌年の1999年8月25日に初版が発行され、定価は税抜で860円でした。


IMG_20210228_051310


まんだらけでは新品同様のラジカン大百科が660円で販売されていて、それに送料などが加算され倍以上の値段になりましたが、こんなお宝本が送料を含めて千円台で買えるなら安いもんです。これもタイの方へ贈るので外装を外して丁重に扱いながら内容の確認へ…。


IMG_20210228_051733


ラジカン大百科の大きさは縦18cm、横13cm、厚みが1.5cm、全160ページで中々重みが有りました。分厚いのでページが開きにくく、新品同様の本に開き癖を付けても悪いので撮影しにくかったです。この頃はまだ頭文字Dシリーズが発売されておらず、ラインナップは少な目…。


IMG_20210228_051538


第1章『ラジ-カン ワールド』では初期のラインナップ(旧ミニクーパー、パジェロ、NEWビートル等)の紹介で、中には激レアの限定品クリスタル仕様(クリアボディーのビートルとパジェロ)や海外版の車種も掲載されていました。流石にタイの方もクリスタル仕様は初めて見たようです。


IMG_20210228_051618


第2章『チューニング大全』はラジカンの改造に関して色々と解説してありました。当時はラジカンによるレース大会が開催されていたようで、レースで勝つ為に元々単3二本~直列3Vの乾電池を増やす電圧UPも推奨されていたのには驚きでした。


DSC_1756


車体の電圧UPにも段階があり、まずは単4乾電池を三本直列に繋ぐ方法から…シャーシの電池BOXをカッター等で削り、電極も自作せよとの事!更に単5乾電池を横向きに四本並べて直列6Vとする改造も…この辺までは基板改造無しでも大丈夫なようでした。


-845ewe


その他にもミニ四駆のようにシャーシに穴を開けての肉抜きも紹介されていました。当時のラジカンレースに参戦していたのは小学生のような子供が多かったようですが、20年くらい前にレース参戦されていた方がいらっしゃったら是非コメントでも戴きたい所です。


xw2vv3


第3章『ラジ-カン最速への道』にはレースに勝てるラジカンの操作テクニックが色々と掲載されていました。例えばコーナーリングではインベタやアウトインアウト、なるべく速度を落とさず小回りするにはパルス打ち(前進を連打しながら曲がる)を取得せよ等々…。


vvkvfk


主な内容はそんな所でしたが、1999年当時のラジカンのレース大会の様子などは私も初めて見ましたし、素人には難しそうな電圧UP改造をメーカー側(TAIYO)が推奨している点など今では考えられない事が多く、子供向けの内容とは言え非常に興味深かったです。


-r0zjrw


私も当時はライト点灯無しのラジカン(確か赤いS2000)にLEDを組み込んだり、リアモーターをミニ四駆のトルクチューンやハイパーダッシュに換装したり、後輪をスポンジタイヤにしたりとラジカンで色々な改造を楽しんだ記憶が甦りました…(*^^*)


1eic1t


その頃はラジカン倶楽部という1/32scaleのラジカンでは末期のシリーズを何台か買い集めていましたが、どれも手元には残っておらず、今また懐かしさで入手している所です。このTAIYOの代表作であるラジカンの愛好者が海外にもいらっしゃるのは素晴らしい事ですね。それではまた…(^o^)/


wkqul9



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




ラジカンは正式には ラジ-カン と書く
IMG_20210228_053318


初期の基板は結構な電圧に耐えられた
IMG_20210228_053619


大会は電圧UP、ミニ四駆モーターOK?
IMG_20210228_054745


市販されていたラジカン専用コース
DSC_1774


オプションに頼るか、電圧UPか?!
-gaggba


実車のような操縦テクニックの数々…
apgx05


他、パルス打ちはトイラジの基本技!
-fa72jg


ミニクーパーの前輪はマイクロモータ
DSC_1775


その後は前輪に電磁石が採用された…
DSC_1776


頭文字Dシリーズはまだ発売前だった
DSC_1778


優勝賞品はホバークラフトだろうか…
IMG_20210228_060340


激レア必至のスケルトン仕様の二台!
DSC_1739


こちらも今や幻?の海外版ラジカン…
DSC_1740


当時の参加者も今では30代半ばくらい
IMG_20210228_061105


Radi-canの海外の販売元はTycoと言う
DSC_1732






srixon_zrw at 08:25コメント(4) 

2021年02月21日

2001年【TAIYO 1/32 maxellダイナミックオリジナルラジカン NEWビートル】乾電池の懸賞品だった稀少なラジカンを代理購入!タイとのトイラジ交流始まる♪レア度★★★★★

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

https://twitter.com/3NHQVUD1owO4h4j


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2001年の企業懸賞品だった【TAIYO 1/32 maxellダイナミックオリジナル ラジカン NEWビートル】を取り上げます。


【 AULDEY ラジカン風 Race-Tin TVCM 】



最近Twitterで知り合ったタイの玩具コレクターさんと遂に物のやり取りをする事になりました。私は日本では買えないAULDEYと言う中国製トイラジを注文。あちらの注文は日本のフリマサイトで見つけた物で、それを私が代理購入し、お互い発送し合う事に…。


DSC_1288


その日本からタイへ発送する品物が今回ご紹介する2001年にmaxell乾電池の懸賞品だったラジカンNEWビートルです。前回のRSI仕様はその翌年ラジカン5周年記念として発売されましたが、こちらは電飾無しのノーマル仕様となります。


IMG_20210220_175802


今回は楽天のラクマと言うフリマサイトでのみ販売されていたお陰か、送料込みで五千円弱とレア物の割には安値でしたが何とか売れ残っていたようです。そこにタイの方が目を付けて居たのも凄い事ですよね…(^_^;)


IMG_20210220_180118


ラクマは初めて利用しましたがメルカリと似ていてスムーズに取引出来ました。商品はmaxellと書かれた白い紙箱が外箱でして、その中にラジカンの筒状容器が入っていました。一般的なnormalビートルとの違いは…


IMG_20210220_171041


筒状容器の外装がmaxell乾電池仕様となっていて、あとはビートルの車体に乾電池関連のステッカーが貼られているくらいでした。電飾は一切無いので前回のRSI仕様より車体が軽く感じます。


IMG_20210220_171115


今回は開封済みの中古品なのでタイの方には走行させたり分解しても良いですよ、と言われていました。ボディー等は比較的綺麗で電極に錆びも無し。タイヤも綺麗で殆ど遊んでいない状態だと思われます。


IMG_20210220_221254


車体に新品の単3二本を入れ、早速走らせてみると…前回のRSI仕様よりタイヤが劣化していて滑って上手く曲がれません(前輪のグリップが弱い)。何となくリアモーターの動きも弱いので計測すると最高速は8km/hとRSIより1km/h遅いようです。


DSC_1316


またタイヤが滑るからかカーペット上だと殆ど進みませんでした…RSI仕様は元気に走り回りましたけどね。ヘッドライトはメッキ処理されていて点灯無し、ボディーの広告シールは元々貼られていたのかは不明ですが、若干浮いているくらいで剥がれや破れは有りません。


DSC_1297


ゴムタイヤの経年劣化によるのかmaxell懸賞ビートルは走行性能はイマイチでしたが、normalのラジカンはこんな物なんでしょうね。それでも商品的なレア度は高く、中々入手出来ない稀少品だと思われます。


IMG_20210220_171219


タイの方の為に内部の清掃もしようと思いましたが、ボディー後部の表面に妙な部分を発見…(白く見える箇所)。恐らく内部のネジ受け部分が経年劣化で脆くなっているのでしょう。これは下手にネジを回すと破損も有り得ると思い、内部開封は止めておきました。


IMG_20210220_171203


あとは送信機の左折ボタンの接触が悪いらしく、ボタンを押しても反応しない時が有りました。タイの方はトイラジの修理もされるそうなので、その辺はあちらに任せることにしました。ちなみにステアリング構造は電磁石式のようです。


DSC_1294


色々不備な点はありましたが、こういう特別なノベルティー品は飾って眺めるだけの方が多いでしょうから、見た目がある程度綺麗で有れば問題ないと思います。ちなみに私はAULDEYと言う中華製のR32風や240Z風(笑)のトイラジを注文していて、それが三台でこのmaxell懸賞品とほぼ同値になりました。*画像はタイの方のTwitterより引用


IMG_20210220_170911


国際郵便は安い航空便でタイまで2,000円ちょっと(1kgまで)、お互いの料金が釣り合わない場合はPayPalで送金する予定でしたが今回は不要なようです。今後もお互いの国でしか入手出来ないトイラジ交換がありそうで何だか楽しみになって来ました…(*^^*)


DSC_1296


次回もTAIYOのラジカンが続きます!今度はリアモーターをミニ四駆の強力モーターに交換してみようと思っていますのでお楽しみに!ハイスピードのリアギアBOXも有るようですね。試しに買ってみようかな?!


DSC_1278



【 TAIYO ラジカン maxellビートル】動作確認



【 TAIYO ラジカン maxellビートル】速度計測



【 TAIYO ラジカン maxellビートル】試験走行




【 TAIYO ラジカン ミニクーパー】from タイ

*リアモーターはミニ四駆のパワーダッシュ



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




最近気になるAULDEYと言う中華メーカー
IMG_20210220_231638


【 AULDEY 1/16 エボX 】エンジン音付!


次回は四駆ドリフト車を注文してみる?
IMG_20210220_231740


タイの方がヤフオクから購入したラジカン
IMG_20210220_235117


タイの方の愛車は日本のTOYOTA Vios
IMG_20210220_234219

リアウイングやホイールが拘りポイント

サムイ島の近くの のどかなパンガン島
-cdy5dc

*以上、タイの方のTwitterより引用


この白い紙箱が良く残っていたと思う…
DSC_1272


筒状の容器が乾電池をイメージしている
DSC_1274


ちなみにTAIYOは太陽ではなく大陽と書く
DSC_1275


未開封品だったらもっと高値だったはず
DSC_1273


ラジカンの簡単な説明書も封入されていた
DSC_1280


商品的にはnormalビートルと同じ仕様
DSC_1283


ドアミラーの鏡面は塗装で再現している
DSC_1322


送信機の接触不良はあちらで修理して貰う
DSC_1290


RSIはリアモーターが好調なのかも知れない
DSC_1319


ラジカンの中でもレアなmaxellビートル!
DSC_1285



辛そうなカップ麺や菓子も詰め込んで…
DSC_1370

*お土産を含めて2kgで送料2,900円也!


*4月上旬、タイに荷物が届きました!!
IMG_20210409_015036


ボディーは特に問題無かったようです…
IMG_20210409_011815


電磁石ステアリング、針金ループアンテナ
IMG_20210409_011911





srixon_zrw at 00:32コメント(4) 

2021年02月10日

2002年【TAIYO ラジカン 1/32 NEWビートルRSi レッド】ラジカン発売5周年記念のレアなウインカー付レース仕様NEWビートル!他、タイのトイラジ事情♪レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogはサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/

*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。

https://www.instagram.com/iota_toyrc/

https://twitter.com/3NHQVUD1owO4h4j


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。トイラジ秘宝館』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は2002年7月に発売された【TAIYO ラジカン 1/32 NEWビートルRSi レッド】を取り上げます。


【 TAIYO ラジカン TVCM 】



最近はTwitterで知り合ったタイのサムイ島にお住まいのトイラジコレクターとTAIYO製のラジカンについて語り合う事が多く、今回はその様々な車種が有るラジカンの中でもレアな逸品をご紹介したいと思います。*上記の動画はタイの方のYouTubeより拝借。


DSC_0996


私のblogでは初登場となるラジカンは1998年に発売開始されたTAIYOの代表作であり、全長14cm程のオンオフ操作の小型トイラジです。名前の通り缶のような透明な容器に収納されており、比較的リアルなボディーやコレクション性の高さが人気の秘訣でした。*下記の画像はタイの方のラジカン コレクション!


IMG_20210210_003300


またラジカンを容易にスピードUPさせるハイパーユニット(後輪ギアBOXが簡単に取り外せて丸ごと交換可能)や、ミニ四駆の強力モーターをそのままリアに組み込める事も当時のトイラジ改造ブームのキッカケとなりました。*下記の画像はネット引用です。


IMG_20210210_003546


今回のNEWビートルRSiはラジカン発売5周年記念モデルとして2002年にレース仕様の3種のR34と同時にヘッドライト点灯やウインカー点滅付で販売されました。NEWビートルRSiにはこの赤の他に黄色と緑があり、いずれも入手困難となっています。


IMG_20210210_004037


このビートルRSiは値段的には出品されると三千円代で収まりますが競争率が高く中々落札出来ません。今回は運良く未使用品が2800円で入手出来ました。ラジカンは容器がビニールで密封されているので未開封品を開けてしまうのに抵抗は有りましたが、そこまで高価ではないのでblog掲載の為に開封してみました。*下記の黄色いビートルはネット引用画像です。


IMG_20210210_004842


黄色いnormalビートルは電飾やスポイラーも無く安っぽい雰囲気ですが、このレース仕様のビートルはデラックス感が有り非常に格好良く見えます。ステッカーは印刷?なので剥がれないのも良いですね。またRSiは窓がクリアとなっています。*normalビートルとはボディー素材が異なります。


IMG_20210210_005334


ラジカンのもう一つの特徴は送信機が容器に嵌め込み式となっていてコンパクトに収納可能な点です。タイのコレクターさんもラジカンを沢山所有(全52台だとか!)されていますが、場所を取らない収納性もコレクション性を高めていますね。


IMG_20210210_005539


電源は車体とその丸い送信機に単3二本ずつですが、電池BOXが狭く現在の乾電池だと少し窮屈でした。電源スイッチは車体のみで早速操作してみると…最初は弱い動きだった平形130サイズのリアモーターが約20年の眠りから覚めてくれました!


DSC_1017


前方のウインカーやヘッドライトも問題なく点灯し、電磁石式のステアリングもキビキビと力強く動いてくれました!ラジカンは20年程前に後継機種であるラジカン倶楽部の頭文字DシリーズやスーパーGTマシンを数台所有していて、その時に色々と改造した事がありました。


DSC_1021


当時の定価が3500円程だったラジカンは性能的には左右の回転半径の違い等ありますが、加速が良く走りの勢いは感じますね。ちなみに後発のラジカン倶楽部よりこの旧ラジカンの基板の方が電子部品の違いでより強力なミニ四駆モーターを回せるそうです。


DSC_1121


いつものように最高速を計測すると新品の乾電池で9km/hと平凡な結果に終わりましたが、走行させると加速が良いので速そうに見えますね。それではいつものように車体内部の確認へ…ネジ留めは電池BOX内を含めて5箇所でボディーにネジが固着していて回しにくかったです。


DSC_1049


ステアリングは電磁石の細い配線が断線したら面倒なので開封せず…ラジカンの電磁石ステアは左右に強く曲がるのとニュートラルにきちんと戻るのが良いですね。後輪ギアBOXはネジ留め無しでハマっていて、左右の後輪を掴んで強目にシャーシ下方に引くと簡単に抜けます。


DSC_1060


その後輪ギアBOXもネジ留め無しで開封可能ですがギアBOXカバーの爪が折れそうなので注意して開けました。標準の平形130モーターには真鍮製の8Tピニオンギヤ付で、中間ギアが1枚有りました。中間ギアは軸と一体成型なので摩擦が有りそうです。


IMG_20210210_011047


車内アンテナは金属のループ状で美観を損ねません。基板は電子部品が少なく故障しなさそうです。ソフトな感触のラジアルタイヤはグリップ性が有り、余り劣化していませんでした。ちなみに後発のラジカン倶楽部には後輪シーソー機能が追加されています。


IMG_20210210_011529


またラジカン倶楽部の方はステアリングの可動域が狭くなり、スピンしにくくなったんだとか。今はセガトイズに吸収されたTAIYOも当時は色々と試行錯誤していたようです。と言う訳で改めてラジカンで遊んでみるとその質の高さに気付かされました…ラジカンは今後また取り上げる予定ですのでお楽しみに!


DSC_1018



【 TAIYO ラジカン ビートルRSi 】動作確認



【 TAIYO ラジカン ビートルRSi 】速度計測



【 TAIYO ラジカン ビートルRSi 】試験走行1



【 TAIYO ラジカン ビートルRSi 】試験走行2



【 TAIYO ラジカン ビートルRSi 】試験走行3

*カーペット上でも力強い走行が可能!



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】





【タイのトイラジ事情】下記の動画はタイで開催されている改造トイラジによるドラッグレース大会です。中国のAULDEYと言う会社のMini-Zに似たトイラジの基板を改造し、速度を競う大会なんだとか。大会はAULDEYが主催しており、メーカー側が改造を推奨?している所が凄いですね…(^_^;)



【TAIYO ラジカン Wikipedia】
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%B3


元々ブレーキランプも予定されていた
IMG_20210210_015351


当時はラジカンによるレースも開催…
IMG_20210210_015216


緑のRSiが一番レア物?ネット引用画像
IMG_20210210_030723


他にこんなビートルも…ネット引用画像
IMG_20210210_030623


未開封だったが思い切って開封してみた
DSC_0994


送信機アンテナが台座に収納されている
DSC_1002


黄色く光るヘッドライトが良い雰囲気
DSC_1075


通常ビートルと異なるクリア素材ボディ
DSC_1050


これはウインカー点滅用の基板だろうか
DSC_1057


ブレーキランプは全く見当たらなかった
DSC_1056


リアモーターに真鍮製8Tピニオンギヤ付
DSC_1065


中間ギアは金属の軸に改造すべきか?
DSC_1069


スパーギアに対する滑り止め溝が無い?
DSC_1066


モーター注油と端子を少し起こして戻す
DSC_1071


ラジカンの中でも完成度の高いレアなRSi!
DSC_0997




これは車好きな知人への誕生日プレゼント
IMG_20210210_190351


お孫さんの赤いポルシェと追い掛けっこ♪
IMG_20210210_190653


お孫さん、中々操作がお上手ですね(*^^*)






srixon_zrw at 20:02コメント(4) 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ