ブラバム

2020年09月18日

1978年【WACO モートラウェーブS.P. 1/14 F-1ブラバムBT46】有名なファンカーの前身モデルを修理してみましたが…レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogは昨年末でサービス終了となり、全てlivedoor blogに移行致しました。旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/


*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ Instagram Twitter 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/

https://twitter.com/3NHQVUD1owO4h4j


1587626298793


全国のトイラジ好きな皆さん、こんにちは。さて、本日も『イオタ。秘蔵トイラジ倉庫』から選りすぐりの逸品を御紹介していきます。今回は今から42年前の1978年に発売された【WACO モートラウェーブS.P. 1/14scale F-1 ブラバム BT46】を取り上げます。


【ブラバムBT46 外観 グッドウッドにて】



今回は車体修理に手間取りちょっと間が空きましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?こちら北海道は残暑も終わり気温が下がってスッカリ秋の気配です。さて今回も WACOモートラウェーブS.P. より F-1ブラバムBT46 のご紹介です。


DSC_2334


有名なファンカーと言う奇抜な構造のF-1カーが ブラバム BT46B で、これはその前進モデルとなります。 エンジンは出力500馬力のアルファロメオ水平対向12気筒、BT44で成功した三角断面のフルモノコックフレームが特徴的です。*ネット引用画像↓上がBT46、下がBT46B


IMG_20200918_192611


このトイラジは入手2台目でして1台目は車体破損が有り不動だったのもあって簡単に画像紹介で終えていました。今回は破損無しのジャンク品が●ルカリで送料込2,400円と大変お得でした。美品なら高値となるレア物です。


DSC_2305


元箱はボロボロでしたが全長32cmの車体は擦り傷くらいで破損無し。1978年製の古い乾電池入りでしたが電極の錆びも無く問題なく通電するようです。他、薄汚れた車体の汚れを軽く落としました。


IMG_20200918_195200


車体電源は単2乾電池が6本で、デジプロ操作のJR製の送信機には単3が4本必要でした。バンドは6番でAM 27.255Mhzです。同梱の説明書によるとこの1/14シリーズにはナバホの他にポルシェ935/78ターボも有るようでした。


IMG_20200918_195119


車体にはナバホと同じくハイ/ローギア切り替えレバー付ですが後輪がどうも空回りしているようです。また車体のリアウイングも片方の支柱が折れていたので接着修理しておきました。あとは車体のアンテナも外されていました。


IMG_20200918_195614


ちょっとした破損は有りましたが部品の欠品は無さそうで一安心です。早速操作をしてみると後輪は空回りするも前後の反応あり、ステアリングは僅かに反応する程度でハンドルを切る事は出来ませんでした。


DSC_2317


と言う訳でいつもの様に内部確認へ…開けてみてビックリ!なんと制御基盤がフロントウイングの内部に有りました。実車だと此処の内部にはラジエーターが有るのですが、これは中々面白い構造ですね。


IMG_20200918_202040


走行用トランジスタにはアルミのヒートシンク付で、フロントウイング前方に穴を開ければ走行中に基板が冷えそうですが中に塵も入るので駄目ですね。でもリアモーターを冷やす為の?穴は有りました。


DSC_2319


JR製のステアリングサーボは特に動きが悪くなく、軽く通電させると左右に操舵出来、ポテンショメータの反応も有りましたので、ステアリング操作に問題が有るとしたら基板の方でしょうね。


IMG_20200918_202802


丸型360?くらいのリアモーター側はシャーシの底にある二段ギア切り替えレバーが外れていて、これを中間ギアと組み直して後輪の空回りは直せました。リアモーターには最高で乾電池4本分の6.25Vが流れていましたが速度的には物足りないくらいです。


IMG_20200918_203314


スロットルの可変抵抗をいじってニュートラル調整を済ませた頃に、乾電池や基板の電子部品が異常発熱する事態が発生!その後、ステアリングサーボは全く反応しなくなりました。基板の電子部品が壊れたようで、これは私には直せませんのでギブアップです。


DSC_2346


と言う事で結局、前後の操作しか出来ませんでしたが他の基板と交換したり、ホビラジ化すれば問題なく前後左右に操作可能となるでしょう。魅力的な車体ではあるので、いつかきちんと走らせてみたいものです。それでは次回もお楽しみに!


DSC_2345



【WACO F-1ブラバムBT46】シャーシ走行



【WACO F-1ブラバムBT46】ハイギア走行1



【WACO F-1ブラバムBT46】ハイギア走行2



【NIKKO F-1ブラバムBT45】ホビラジ化



【NIKKO ブラバムアルファロメオBT45】
http://radicon2017.blog.jp/archives/33626.html


【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】




【livedoor ブログ 読者賞 投票】が今月末締切であるようです。宜しければウチのブログを投票してみませんか?こちらにblogタイトルかURLを入力するようです。↓↓↓↓↓
https://feedback.line.me/enquete/public/8883-3gAvCtWG

【ノスタルジックホビートイラジ館】by イオタ。
http://radicon.blog.jp/



Wikipediaより…何故ファンカーの方をモデル化しなかったのか?何故ナンバーはニキ・ラウダの1ではないのか?版権の問題?
IMG_20200918_204520


元箱は結構ボロボロでテープ補修済
DSC_2312


説明書や小冊子付、周波数は六種類有
IMG_20200918_204732


フロント辺りのカラーリングが異なる
DSC_2358


エンジン横のオイルクーラーが折れ易い
DSC_2315


サスやデフは無し、タイヤは硬いスリック
DSC_2316


いつかはホビラジ化でもして走らせたい
DSC_2318


WACOではTVゲームも販売していた…
IMG_20200915_020652


WACO製のプラモデル…ネット引用画像
IMG_20200915_020537





srixon_zrw at 21:46コメント(6) 

2019年09月07日

1980年代【アサヒ アトコミ 1/18 ポルシェ930ターボ】他、ワグナーモートラウェーブSP ブラバムBT46等…レア度★★★☆☆

.
*Yahoo!blogは年内で閉鎖されますので、livedoor blogに全て移行致しました!旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/


*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ専用 Instagram 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/


全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!今夜も『イオタ。秘蔵トイラジ倉庫』の引っ越しの為、移動させるトイラジを順次ご紹介していきます。今回は『アサヒ アトコミ 1/18 ポルシェ930ターボ』他を取り上げます。


DSC_7842


今回の物は箱の破れが有りましたが車体は綺麗で新品のように見えました。落札額はジャンク扱いで二千円程です。全長は24.5cmで説明書によると前後左右デジプロ操作でリアモーターはFA260サイズとのこと。


DSC_7839


車体電源は単3乾電池4本と角形1本でデジプロ送信機は角形1本です。この送信機を見て思い出しましたが、過去に同規格のポルシェ924も所有していて、それは基板が故障していたので京商ミニッツの基板を繋げてホビラジ化していました。


https://youtu.be/LxppWUQRyWE 改924走行


DSC_7840


この送信機はスロットル側とステアリング側で微調整ツマミの形が異なるのが特徴です。動作確認してみると、まず後輪が空回りしているのと前後左右のニュートラルがズレていました。早速、内部確認をしてみると…


DSC_7841


後輪ギアBOXを開けると8Tピニオンギヤが弛くなって外れていましたので新品と交換し、空回りは解消しました。中間ギアは1枚有りますが、トイラジに有りがちなギア切り替えが無いのが良いですね。


DSC_7846


ステアリング部分には調整しやすいポテンショメータがあり、ポテショを上から押さえ付けているバーを弛めてポテショをズラせばニュートラル調整が可能です。スロットル側は基板に可変抵抗が二個あり、それを回せば調整可能でした。


DSC_7844


しかしスロットル側のニュートラル調整が難しく、操作中に暴走する事もありました。古いトイラジの場合、スロットルのニュートラル調整が決まらない物が多いですね。中空スリックタイヤの質も良く、ジャンク品が有れば是非ホビラジ化してみたい所です。


https://youtu.be/z7D8GHbK1Zw 動作確認

https://youtu.be/UR5ztndce6w 試験走行


DSC_7843



【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLqLK6WklkXc1LioYBZJ6zmZVGpTIOT8Zr



【ワグナーモートラウェーブSP F-1ブラバムBT46】

DSC_7772


DSC_7773


DSC_7774


IMG_20190907_214720



【ヨネザワ 1/14 ダットサン トラックカスタム】

DSC_7779


DSC_7781


DSC_7780


DSC_7782



【NIKKO 1/16 ポルシェ911Rタルガ】

DSC_7761


DSC_7762


IMG_20190907_220446



【NIKKO 1/16 ランチア ストラトス ターボ】

DSC_7765


DSC_7766


DSC_7768


DSC_7767




srixon_zrw at 21:30コメント(0) 

2019年08月30日

1970年代後半【NIKKO 1/16 タイレルフォード (白カウルver.)】他、NIKKO ブラバムBT45、デ・トマソ・パンテーラ等 レア度★★★☆☆

.
*Yahoo!blogは年内で閉鎖されますので、livedoor blogに全て移行致しました!旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓さ↓↓↓↓↓


【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/


*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ専用 Instagram 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/


全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!今夜も『イオタ。秘蔵トイラジ倉庫』お引っ越しの為、移動させるトイラジを順次ご紹介していきます。今回は『NIKKO セミデラコン 1/16 タイレルフォード』他を取り上げます。


DSC_7640


この1/16scale、全長26.5cmのタイレルフォード(P34)は青いカウルの物が多く、こちらの白いカウルの物は数が少ないようです。2年前で落札額が4,980円でした。発売年は1970年代後半でしょうか。箱書きによると定価は8,500円のようです。*青カウルは7,200円。


DSC_7638


箱は酷く日焼けして破れも有りますが、車体は比較的綺麗でした。車体電源は単3乾電池が6本必要で、送信機には角形9Vが1本です。*青いカウルの方は車体に単3乾電池4本と角形1本が必要でした。


DSC_7645


この2台は操作方法も異なり、青カウルの方は前進しっぱなし+左右折のみで停止と後進は無し。白カウルは電源ONで前進となりスロットルレバーを手前に引くと後進+左右折(後進時は曲がらない)のようです。*白カウルのスロットルレバーは前進位置がデフォルトで停止は無し。


DSC_7647


今回は残念ながらステアリングが反応しませんでしたが前後進は可能でした。青カウルの方もステアリングが動く物は殆んど有りません。ステアリングにはポテンショメータも有り意外と複雑なので故障しやすいようです。


https://youtu.be/8zrtX75bE-k 動作確認

https://youtu.be/zGmOrkl1v20 試験走行

DSC_7648


青カウルの方は京商ミニッツの基板に載せ換えてデジプロ化させた事があります。同シリーズの白いブラバムBT45にはホビラジメカを載せてホビラジ化し、サスペンションも追加しています。次はそのブラバムの赤ボディver.の御紹介です。


【NIKKO タイレル 青ver.】デジプロ化 記事
http://radicon2017.blog.jp/archives/33525.html

【NIKKO ブラバムBT45 白ver.】ホビラジ化
http://radicon2017.blog.jp/archives/33624.html

DSC_7641




【NIKKO1/16ブラバムアルファロメオBT45】

このブラバムも白ボディ版は多く出回っていますが、こちらの赤ボディ版は数が少ないようです。白カウルのタイレルもそうですが数が少ないと美品が多いんです。これは未使用品でした。


DSC_7602


こちらの操作方法は白カウルのタイレルと同じですが、未使用品だからかステアリングも問題なく動作しました。前後進も反応が良過ぎて操作しにくいくらいです。ちなみに車体側にギア切り替え付で、後輪の片方が空転します。


https://youtu.be/-FXWVpEawPU 回転走行

DSC_7603


この頃のNIKKOのF-1シリーズはもう少し小さい1/18のロータスも有りますが、それは左折のみとなっています。当時のNIKKO1/10scaleのF-1は6輪タイレルのみなので、1/10でもブラバムやロータスを作って欲しかったですね…。それでは次回もお楽しみに!


【NIKKO ブラバムBT45 赤車体ver.】記事
http://radicon2017.blog.jp/archives/33560.html

【NIKKO 1/18 F-1 ロータス 72D】記事
http://radicon2017.blog.jp/archives/33554.html

DSC_7604




【NIKKO 1/20 デ・トマソ・パンテーラ】

【NIKKO 1/24 ポルシェ935ターボ】


DSC_7532



NIKKO セミデラコン シリーズより…パンテーラは手動でリトラの開閉が可能です。ポルシェ935は左折のみの操作です。リトラ開閉物だとサバンナRX-7も有りますね。


DSC_7531




【NIKKO 1/24 ポルシェ935/77ターボ】


DSC_7605



DSC_7606



【NIKKO 1/20 BMW 323i ターボ】


DSC_7615



DSC_7616




【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLqLK6WklkXc1LioYBZJ6zmZVGpTIOT8Zr



フジと言う電池メーカー…富士電機?
DSC_7637


5箱くらいずつに束ねて移動させてます…
DSC_7597




srixon_zrw at 23:59コメント(0) 

2019年08月21日

1977年頃【アルプス 1/14 スモーキングF-1レーシングカー ブラバム アルファロメオBT45B】人気のF-1電動トイの煙が出る仕組みとは?!レア度★★★★☆

.
*Yahoo!blogは年内で閉鎖されますので、livedoor blogに全て移行致しました!旧blogの新しいURLはこちらとなります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


【ノスタルジックホビートイラジ旧館】
🆕 http://radicon2017.blog.jp/


*移行ついでにタイトルを変更しました。
*コメントは最新記事のみ可能な様です。
*全部で60本の記事が掲載されています。





🆕トイラジ専用 Instagram 始めました。
https://www.instagram.com/iota_toyrc/


全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!今回もイオタ。秘蔵トイラジ倉庫お引っ越しの為、移動させるトイラジを簡単に御紹介していきます。今回はラジコンではなくF-1電動トイで、アルプスの『ブラバム アルファロメオBT45B』を取り上げます。


DSC_7379


以前NIKKO製のBT45のトイラジを御紹介した事がありますが、あれはジャンク品が多くホビラジ化しました。今回の物は箱付の未使用品を3,400円で落札していて結構人気がありました。


【NIKKO ブラバムBT45 ホビラジ化】記事
http://radicon2017.blog.jp/archives/33626.html

【NIKKO ブラバムBT45 赤ボディver.】記事
http://radicon2017.blog.jp/archives/33560.html

DSC_7377


発売年や当時の定価はハッキリしませんが実車のBT45Bが活躍したのは1977年なので、その頃の発売かも知れません。全長は31cmで1/14scaleくらいでしょうか。


DSC_7382


未使用品と言う事でプラスチック製の車体はとても綺麗で、電動玩具にしては作りも悪くないです。車体電源は単2乾電池が二本直列でした。タイヤもプラスチック製なのが子供向け玩具っぽいですね。


DSC_7383


早速電源を入れてみるとリアモーターが元気に動き出しました。エンジン音というのはギア音でしょうか?大概こういうのは雑音にしか聞こえません。


DSC_7381


そして暫くすると後方のマフラーから白い煙が吹き出して来ました!これがスモーキングF-1の売りなのですが、どんな仕組みになっているのでしょう?僅かに焦げ臭いですね。


DSC_7386


と言う訳で内部を確認してみると…ステアリングは固定式で手動で角度を変えられました。リアモーターは丸型140サイズくらいでギアが工夫されていてストップ&ゴーという停止と前進を繰り返す動作をします。


DSC_7387


そしてギアBOX後方に蛇腹のスポイトのような部品が有り、それをギアの出っ張りが押すと煙が吹き出すようになっていました。煙自体はプラスチック部品に電圧を加えていましたが詳しい事は分かりませんでした。


DSC_7389


電圧を加えると何らかの煙を出す部品は開封出来ませんでした。プラスチックが焦げたような臭いですが、どのような仕組みなのでしょうね。発熱はしてないのでちょっと不思議でした。*白い筒型の部品です。


DSC_7390


余り煙を出すと箱に閉まってから燃えたりしないかと心配になり、少しだけ走行させてみました。狭い部屋では小回りが効きませんが中々面白いギミックですね。同F-1シリーズでは6輪タイレルも有り、それも持っていたと思います。それでは次回もお楽しみに!


DSC_7380


【Alps スモーキングF-1 ブラバムBT45B】

1977年頃発売?定価不明、落札額3,400円

全長31cm 全幅14cm 全高6.5cm 車重484g

車体電源 単2乾電池2本、車重は電池含む

スモーキング、ストップ&ゴー、サウンド


DSC_7376


https://youtu.be/rxEpe-cp-7w 動作確認

https://youtu.be/skByPt1o62k 内部構造

https://youtu.be/fmZ1VbwD4zE 回転走行


【懐かしのトイラジ大集合~動画一覧】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLqLK6WklkXc1LioYBZJ6zmZVGpTIOT8Zr




srixon_zrw at 23:08コメント(0) 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ