童夢-零

2017年10月03日

1978年【モリタニ ライガー 1/12 童夢-零】トイラジ収集のキッカケとなった異色の和製スーパーカー!レア度★★☆☆☆

.
全国のトイラジ好きな皆さん、こんばんは!

Yahoo!blogから引っ越して来ましたノスタル

ジックホビー “トイラジ ” 館長イオタ。です。


旧【ノスタルジックホビー】blogはこちら↓

https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan







さてこちらのblogに越して来てから最初に

どのラジコンカーについて書こうかと色々

悩みましたが、やはりここは僕が昨春から

往年のトイラジを集めるキッカケとなった

「童夢-零(どうむ-ぜろ)」からご紹介したいと

思います。童夢-零とは1970年代後半に日本

の京都で製作された和製「スーパーカー」で、


img_38_m


当時流行ったランボルギーニカウンタック

やランチャストラトス等に似た様な車体を

しています。主な特長は当時最先端だった

クサビ型の低い車高、カウンタックの様な

リトラクタブルライト、真上に跳ね上がる

シザーズドア辺りでしょうか。色々な問題


img_5_m


があり市販化には至りませんでしたが 海外

向けに開発された赤と緑のP-2を含めて当時

の子供達に与えた影響は計り知れないと思い

ます。童夢-零はプラモデルやラジコンカーが

多くのメーカーから発売されましたが、僕が

当時買って貰ったのは「モリタニ製」の1/12

スケールのラジコンカーでした。この車の


img_4_m (2)


特長はステアリングに対応したウインカー

点灯で、当時の玩具としては最高級の商品

だったでしょう。これが発売された1978年

当時の定価が18,800円ですから今考えると

親に申し訳ない気持ちになりますね…(苦笑)





元々、懐かしのトイラジを集めるキッカケ

となったのがヤフオクで童夢-零を見かけた

のが最初で、1/12だと意外と安く入手可能

なので比較的綺麗な状態の可動品と改造向け

にジャンク品を購入し、珍しい赤い童夢-零

も入手しました。赤い童夢は正式にはP-2と

言う車体で若干の違いは有りますが玩具的

には全て童夢-零で統一されているようです。


img_0_m (1)


このラジコンを買って貰った時は赤い車体

が有るなんて知りませんでした。塗装的に

はシルバーの方が質感は良いです。子供心

に童夢の車体は未来の乗り物という雰囲気

で車と言うよりは宇宙船の様に思えました。


【モリタニ1/12童夢-零 動作確認】

https://youtu.be/OxLy0f9CcWQ


このモリタニ製1/12童夢-零のウインカーは

上手く光らない車体が多いのですが これは

内部の基盤にある可変抵抗を調整する事で

正常に点灯するようになります。可変抵抗


img_6_m



【モリタニ1/12童夢-零(赤) 内部構造】

https://youtu.be/fxP6thJhopY


をいじる事で前後左右のウインカーの点滅

を常時付きっぱなしにしてハザードランプ

とする事も可能でした。子供の頃は車体の

中を開けて確認する事なんて出来なかった

のでウインカーが壊れたらメーカーに修理

に出すか、そのまま放置したかでしょうね。


img_5_m (1)


確か、買って貰った当時は高価な玩具にも

関わらず、数回走らせただけでその重い走り

に飽きてしまい、そのまま押し入れにしまい

込んでしまったような気がします…。改めて


【モリタニ1/12童夢-零 スピンターン走行】

https://youtu.be/EJVh5dEsAyw


最近入手した童夢を走らせてみると、現代の

アルカリ乾電池を使っても、そのノロノロと

した重い走りは相変わらずでした。これは

基盤的にこの程度の走りしか出来ないので

しょうね。今後はホビラジメカを移植して

スピードアップさせるしかないでしょう…。


【モリタニ1/12童夢-零 ウインカー点灯】

https://youtu.be/96we2k2NV04


ブラシレスモーターなんかを使うとより速く

走れるかと思います。前輪にはサスペンション

が無いので工夫して追加してみる事にします。

その際ウインカー連動はどうなりますかね…。

僕は電飾には疎いのですがウインカー配線も

調べてみたいと思います。今回は1/12童夢-零

の今後の改造構想に止まりましたが、1/15の


img_3_m (1)


モリタニ童夢-零の方は最近になってホビラジ

メカを搭載し、更にリトラクタブルライトも

電動操作させる事に成功しました。こちらは

1/12より小さいサイズなので狭い車内に色々

なメカを組み込むのに苦労しましたがいずれ

こちらでご紹介したいと思います。それでは

次回のblogもお楽しみに…トイラジ館長イオタ。


img_0_m




【モリタニ 1/12 童夢-零 スペック】

全長 40cm、全幅 16cm、車重 約1.1kg

デジプロ操作、ウインカー連動点灯、

後輪サスペンション、デフ機能ほか

車体電源 単2型充電乾電池 5本使用

1978年発売当時の定価 18,800円也。

現在の落札相場は約1,000~5,000円。


■実車の画像は他所から拝借しています。


Yahoo!blogより【モリタニ1/12童夢-零】
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan/63802964.html

Yahoo!blogより【モリタニ1/12童夢-零(赤)】
https://blogs.yahoo.co.jp/iobutan/63811873.html











srixon_zrw at 22:00コメント(0) 
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
  • ライブドアブログ